Artifactory へのアップロード

CircleCI では Artifactory への直接アップロードがサポートされています。

デプロイ

Artifactory の REST API を活用する方法については、Artifactory からわかりやすいドキュメントが提供されています。

ここでは、いくつかのサンプル プロジェクトを取り上げながら、CircleCI と Artifactory を組み合わせて最大限に活用する方法について説明します。

Ensure that you have created your repository before starting this example, otherwise CircleCI won’t have a place to store your dependencies.

Artifactory プラグイン

Maven や Gradle といった人気の高いツールでは Artifactory プラグインが提供されており、それぞれのデプロイ コマンドを使用して Artifactory にデプロイできます。

JFrog CLI

If you want to use the JFrog CLI, you can install it by adding the following to your .circleci/config.yml :

- run:
    name: Install jFrog CLI
    command: curl -fL https://getcli.jfrog.io | sh

次に、自分の資格情報を安全に使用するために JFrog を設定する必要があります。 自分の $ARTIFACTORY_URL を自分の $ARTIFACTORY_USER および $ARTIFACTORY_APIKEY と共に使用するようにクライアントを設定します。 これらは、Project Settings->Environment Variables に入力できます。 これらの設定を使用するようにCLIを設定します。

- run: ./jfrog config add <named_server_config> --artifactory-url $ARTIFACTORY_URL --user $ARTIFACTORY_USER --apikey $ARTIFACTORY_APIKEY --interactive=false

If you would like to upload JAR files use the following example:

- run: ./jfrog rt u "multi*/*.jar" <artifactory_repo_name> --build-name=<name_you_give_to_build> --build-number=$CIRCLE_BUILD_NUM --flat=false

If you would like to upload WAR files use the following example:

- run: ./jfrog rt u "multi*/*.war" <artifactory_repo_name> --build-name=<name_you_give_to_build> --build-number=$CIRCLE_BUILD_NUM --flat=false

.circleci/config.yml ファイル全体は、以下のようになります。

version: 2
jobs:
  upload-artifact:
    docker:
      - image: circleci/openjdk:8-jdk
        auth:
          username: mydockerhub-user
          password: $DOCKERHUB_PASSWORD  # context / project UI env-var reference
    working_directory: ~/repo
    steps:
      - checkout
      - run: mvn dependency:go-offline
      - run:
          name: maven ビルド
          command: |
            mvn clean install
      - run:
          name: jFrog CLI のインストール
          command: curl -fL https://getcli.jfrog.io | sh
      - run:
          name: Artifactory へのプッシュ
          command: |
            ./jfrog rt config --url $ARTIFACTORY_URL --user $ARTIFACTORY_USER --apikey $ARTIFACTORY_APIKEY --interactive=false
            ./jfrog rt u <path/to/artifact> <artifactory_repo_name> --build-name=<name_you_give_to_build> --build-number=$CIRCLE_BUILD_NUM
            ./jfrog rt bce <name_you_give_to_build> $CIRCLE_BUILD_NUM  # エージェント上のすべての環境変数を収集します
            ./jfrog rt bp <name_you_give_to_build> $CIRCLE_BUILD_NUM  # Artifactory 内のビルドに ^^ を付加します

関連項目

アーティファクトの保存とアクセス



Help make this document better

This guide, as well as the rest of our docs, are open-source and available on GitHub. We welcome your contributions.