パイプラインの有効化

CircleCI API または自動キャンセルのワークフローからワークフローをトリガーする必要がある場合に、パイプライン エンジンを有効化する方法を説明します。 パイプラインは、現在オンプレミス版の CircleCI Server ではサポートされていません。

はじめに

CircleCI Pipelines encompass the full set of workflows you run when triggering work on your projects in CircleCI. Workflows coordinate the jobs defined within your project configuration.

パイプラインのメリット

Pipelines offer the following benefits:

  • Use the new API endpoint to trigger a pipeline
  • Use pipeline parameters to trigger conditional workflows.
  • Access to version 2.1 config, which provides:
    • Reusable config elements, including executors, commands and jobs.
    • Packaged reusable config, known as orbs.
    • Improved config validation error messages.
    • Option to enable auto-cancel, within Advanced Settings, to abort workflows when new builds are triggered on non-default branches.

Note, it is important to carefully consider the impact of enabling the auto-cancel feature, for example, if you have configured automated deployment jobs on non-default branches.

For more detailed information on pipelines and how you can use their properties in your workflows and jobs, please see the following guides:

Implications of pipelines

When using pipelines, please note the following:

  • If no builds or workflows are defined, you will receive an error.

トラブルシューティング

The following sections outline the process of transitioning to pipelines.

2.0 構成でのパイプライン

2.0 構成でパイプラインを使用する場合、CircleCI では CIRCLE_COMPARE_URL 環境変数がすべてのジョブに挿入され、下位互換性が確保されます。 この環境変数は、従来のジョブで使用可能な環境変数とは異なる方法で生成され、いつでも使用できるわけではありません。 たとえば、空のリポジトリへのコミットを初めてプッシュした場合や、追加のコミットなしに新しいブランチが作成/プッシュされた場合など、以前のリビジョンが存在しない場合は挿入されません。

Giving feedback

If you have feedback, suggestions, or comments:

  • Tweet @circleci with thoughts
  • Vote or add to our Ideas board

See also

詳細については、「ビルドのスキップとキャンセル」を参照してください。



Help make this document better

This guide, as well as the rest of our docs, are open-source and available on GitHub. We welcome your contributions.