Search Results for ""

コードカバレッジメトリクスの生成

コードカバレッジは、アプリケーションがどの程度テストされたかを示します。

CircleCI は、組み込みの CircleCI 機能をオープンソースライブラリと組み合わせて、またはパートナーのサービスを使用して、コードカバレッジレポートのさまざまなオプションを提供しています。

CircleCI でのカバレッジの表示

コードカバレッジレポートを直接 CircleCI にアップロードできます。 最初に、プロジェクトにカバレッジライブラリを追加し、CircleCI のアーティファクトディレクトリにカバレッジレポートを書き込むようにビルドを設定します。 CircleCI は、カバレッジの結果をアップロードし、ビルドの一部として表示できるようにします。

カバレッジライブラリを設定する例を言語ごとにいくつか示します。

Ruby

SimpleCov は、よく使用される Ruby コードカバレッジライブラリです。 最初に、simplecov gem を Gemfile に追加します。

gem 'simplecov', require: false, group: :test

テストスイートの開始時に simplecov を実行します。 simplecov を Rails と共に使用する場合の設定例を以下に示します。

require 'simplecov'        # << simplecov が必要です
SimpleCov.start 'rails'    # << "Rails" プリセットを使用して simplecov を起動します

ENV['RAILS_ENV'] ||= 'test'
require_relative '../config/environment'
require 'rails/test_help'

class ActiveSupport::TestCase
  # すべてのテストの test/fixtures/*.yml にあるすべてのフィクスチャをアルファベット順にセットアップします
  fixtures :all
  # すべてのテストで使用されるヘルパーメソッドをここに追加します...
end

次に、カバレッジレポートをアップロードするために .circleci/config.yml を設定します。

version: 2
jobs:
  build:
    docker:
      - image: circleci/ruby:2.5.3-node-browsers
        environment:
          RAILS_ENV: test
      - image: circleci/postgres:9.5-alpine
        environment:
          POSTGRES_USER: circleci-demo-ruby
          POSTGRES_DB: rails_blog
          POSTGRES_PASSWORD: ""
    steps:
      - checkout
      - run:
          name: バンドルインストール
          command: bundle check || bundle install
      - run:
          name: DB を待機
          command: dockerize -wait tcp://localhost:5432 -timeout 1m
      - run:
          name: データベースのセットアップ
          command: bin/rails db:schema:load --trace
      - run:
          name: テストを実行
          command: bin/rails test
      - store_artifacts:
          path: coverage

simplecov README に、さらに詳細な説明があります。

Python

Coverage.py は、Python でコードカバレッジレポートを生成する際によく使用されるライブラリです。 最初に、以下のように Coverage.py をインストールします。

pip install coverage
# これまでは、たとえば以下のように python プロジェクトを実行していました
python my_program.py arg1 arg2

# ここでは、コマンドにプレフィックス "coverage" を付けます
coverage run my_program.py arg1 arg2

このでは、以下のコマンドを使用してカバレッジレポートを生成できます。

coverage run -m pytest
coverage report
coverage html  # ブラウザーで htmlcov/index.html を開きます

生成されたファイルは htmlcov/ 下にあり、コンフィグの store_artifacts ステップでアップロードできます。

version: 2
jobs:
  build:
    docker:
    - image: circleci/python:3.7-node-browsers-legacy
    steps:
    - checkout
    - run:
        name: テスト環境をセットアップ
        command: |
          pip install '.[test]' --user
          echo $HOME
    - run:
        name: テストを実行
        command: |
          $HOME/.local/bin/coverage run -m pytest
          $HOME/.local/bin/coverage report
          $HOME/.local/bin/coverage html  # ブラウザーで htmlcov/index.html を開きます
    - store_artifacts:
        path: htmlcov
workflows:
  version: 2
  workflow:
    jobs:
    - build

Java

JaCoCo は、Java コードカバレッジによく使用されるライブラリです。 ビルドシステムの一部に JUnit と JaCoCo を含む pom.xml の例を以下に示します。

<project xmlns="http://maven.apache.org/POM/4.0.0"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/POM/4.0.0 http://maven.apache.org/xsd/maven-4.0.0.xsd">
    <modelVersion>4.0.0</modelVersion>

    <groupId>com.foo</groupId>
    <artifactId>DemoProject</artifactId>
    <version>0.0.1-SNAPSHOT</version>
    <packaging>jar</packaging>

    <name>DemoProject</name>
    <url>http://maven.apache.org</url>

    <properties>
        <project.build.sourceEncoding>UTF-8</project.build.sourceEncoding>
        <maven.compiler.source>1.6</maven.compiler.source>
        <maven.compiler.target>1.6</maven.compiler.target>
    </properties>

    <dependencies>
        <dependency>
            <groupId>junit</groupId>
            <artifactId>junit</artifactId>
            <version>4.11</version>
            <scope>test</scope>
        </dependency>
    </dependencies>
    <build>
        <plugins>
            <plugin>
                <groupId>org.jacoco</groupId>
                <artifactId>jacoco-maven-plugin</artifactId>
                <version>0.8.3</version>
                <executions>
                    <execution>
                        <id>prepare-agent</id>
                        <goals>
                            <goal>prepare-agent</goal>
                        </goals>
                    </execution>
                    <execution>
                        <id>report</id>
                        <phase>prepare-package</phase>
                        <goals>
                            <goal>report</goal>
                        </goals>
                    </execution>
                    <execution>
                        <id>post-unit-test</id>
                        <phase>test</phase>
                        <goals>
                            <goal>report</goal>
                        </goals>
                        <configuration>
                            <!-- 実行データを含むファイルのパスを設定します -->

                            <dataFile>target/jacoco.exec</dataFile>
                            <!-- コードカバレッジレポートの出力ディレクトリを設定します -->
                            <outputDirectory>target/my-reports</outputDirectory>
                        </configuration>
                    </execution>
                </executions>
                <configuration>
                    <systemPropertyVariables>
                        <jacoco-agent.destfile>target/jacoco.exec</jacoco-agent.destfile>
                    </systemPropertyVariables>
                </configuration>
            </plugin>
        </plugins>
    </build>
</project>

mvn test を実行するとコードカバレッジレポート (exec) ファイルが生成され、他の多くのカバレッジツールと同様に、このファイルが html ページにも変換されます。 上記の Pom ファイルは target ディレクトリに書き込みを行い、これを CircleCI config.yml ファイルでアーティファクトとして保存できます。

上記の例に対応する最小の CI 設定は以下のとおりです。

version: 2
jobs:
  build:
    docker:
      - image: circleci/openjdk:11.0-stretch-node-browsers-legacy
    steps:
      - checkout
      - run : mvn test
      - store_artifacts:
          path:  target

JavaScript

Istanbul は、JavaScript プロジェクトでコードカバレッジレポートの生成によく使用されるライブラリです。 人気のテストツールである Jest でも、Istanbul を使用してレポートを生成します。 以下のコード例を参照してください。

version: 2
jobs:
  build:
    docker:
      - image: circleci/node:10.0-browsers
    steps:
      - checkout
      - run: npm install
      - run:
          name: "Jest を実行し、カバレッジレポートを収集"
          command: jest --collectCoverage=true
      - store_artifacts:
          path: coverage

PHP

PHPUnit は、よく使用される PHP のテストフレームワークです。 PHP 5.6 よりも前のバージョンを使用している場合、コードカバレッジレポートを生成するには、PHP Xdebug のインストールが必要になります。PHP 5.6 以降では、phpdbg ツールにアクセスでき、phpdbg -qrr vendor/bin/phpunit --coverage-html build/coverage-report コマンドを使用してレポートを生成できます。

以下に示した基本の .circleci/config.yml では、コンフィグの最後にある store_artifacts ステップでカバレッジレポートをアップロードしています。

version: 2
jobs:
  build:
    docker:
      - image: circleci/php:7-fpm-browsers-legacy
    steps:
      - checkout
      - run:
          name: "テストを実行"
          command: phpdbg -qrr vendor/bin/phpunit --coverage-html build/coverage-report
      - store_artifacts:
          path:  build/coverage-report

Golang

Go には、コードカバレッジレポートを生成する機能が組み込まれています。 レポートを生成するには、-coverprofile=c.out フラグを追加します。 これでカバレッジレポートが生成され、go tool を使用して html に変換できます。

go test -cover -coverprofile=c.out
go tool cover -html=c.out -o coverage.html

.circleci/config.yml の例は以下のとおりです。

version: 2.1

jobs:
  build:
    docker:
      - image: circleci/golang:1.11
    steps:
      - checkout
      - run: go build
      - run:
          name: "アーティファクト用の一時ディレクトリを作成"
          command: |
            mkdir -p /tmp/artifacts
      - run:
          command: |
            go test -coverprofile=c.out
            go tool cover -html=c.out -o coverage.html
            mv coverage.html /tmp/artifacts
      - store_artifacts:
          path: /tmp/artifacts

コードカバレッジサービスの使用

Codecov

Codecov には、カバレッジレポートのアップロードを簡単に行うための Orb があります。

version: 2.1
orbs:
  codecov: codecov/codecov@1.0.2
jobs:
  build:
    steps:
      - codecov/upload:
          file: 

Codecov の Orb の詳細については、CircleCI ブログへの寄稿記事を参照してください。

Coveralls

Coveralls のユーザーは、カバレッジ統計の設定ガイドを参照してください。CircleCI の環境変数COVERALLS_REPO_TOKEN を追加する必要があります。

Coveralls は、並列ビルドのカバレッジ統計を自動的にマージします。