コンテナを使用する

また、お使いのプランで提供されるコンテナを活用してジョブやワークフローの実行を高速化する方法についても解説します。 なお、CircleCI には新たに従量課金制プランが導入されており、コンテナベースのプランはまもなく廃止となりますのでご注意ください。 If your builds are queuing with a Container-based plan, consider signing up for a CircleCI usage-based plan to mitigate queuing and to enjoy other benefits.

新しい従量課金制プランの詳細については、こちらのドキュメントを参照してください。

概要

バージョン管理システムに変更がコミットされると、CircleCI はコードをチェック アウトし、独立した新しいコンテナをオンデマンドに用意して、その中でワークフローのジョブを実行します。 このとき、該当するプランでは以下の処理が可能です。

はじめよう

無料の Linux プランでは、同時に実行できるワークフローは 1 つのみで、並列処理は行えません。 追加のコンテナが必要な場合は、有料の Linux プランを購入してください。 登録後、必要に応じて CircleCI アプリケーションの [Settings (設定)] ページでプランの変更が可能です。

CircleCI のお客様の大半が、フルタイムの開発者 1 人あたり 2 〜 3 個のコンテナをお使いになっています。 チームの規模が拡大したときやワークフローが複雑化したときには、必要な並列処理や同時処理を行えるよう、コンテナを追加してください。

オープンソース プロジェクトにはさらに 3 つの無料コンテナが提供されるため、ジョブを並列で実行できます。

アップグレード

プランのアップグレード手順については、アップグレードに関するよくあるご質問をご覧ください。



ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースで、GitHub で使用できます。 ご協力いただき、ありがとうございます。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
CircleCICircleCI ドキュメントは、クリエイティブ・コモンズの表示--非営利-継承 4.0 国際ライセンス に基づいてライセンス供与されています。