クレジットの使用

このドキュメントでは、CircleCI でのクレジット使用の基本事項について説明します。 CircleCI の従来のコンテナベースのプランを利用している場合は、「コンテナを使用する」をご覧ください。 コンテナ使用からクレジット使用への切り替えを希望される場合は、サポート チケットを作成してお問い合わせください。

概要

CircleCI のクレジットベースの従量課金制プランでは、チームの CI ソリューションを柔軟にカスタマイズおよびスケールでき、使用量に応じた料金のみが請求されます。 クレジットは分単位で消費され、レートは選択したビルドの構成によって異なります。

チームに最適なプランを検討するときには、以下のような要素を考慮する必要があります。

  • チームのユーザー数
  • 必要なサポートのレベル (コミュニティによるサポート、標準サポート、プレミアム サポート)
  • 複数のマシン タイプへのアクセスの要否
  • Docker レイヤー キャッシュ、ビルドの同時処理、ビルド履歴といった機能の要否

例として、Performance プランでクレジットを使用する場合を考えてみましょう。 Performance プランでは以下を利用できます。

  • 1 つ以上のクレジット ブロック (25,000 クレジット)
  • 無制限のユーザー シート数 (最初の 3 ユーザーは 15 ドル、それ以降は 1 ユーザーごとに 15 ドル)
  • Docker/Linux の各種マシン タイプ (Small、Medium、Medium+、Large、X-Large)
  • macOS のマシン タイプ

この例では、チームが複数のグループに分かれ、それぞれ異なるプロジェクトを進めています。 大規模なプロジェクトもあれば、CI の構成で割り当てるリソースが少なくて済む小規模なプロジェクトもあります。 クレジットを使用すると、リソースを最大化する必要があるマシンと利用時間をピンポイントで指定できます。 たとえば、大規模なプロジェクトのビルドを高速化するためには large resource_class (vCPU 4 基、RAM 8 GB、20 クレジット/分) を使用できます。 一方、小規模なプロジェクトでコードのリリース頻度が低い場合や、ビルド時間を重視しない場合は small resource_class (vCPU 1 基、RAM 2 GB、5 クレジット/分) を使用できます。

ご希望のプランを設定するには、CircleCI の Web アプリケーションで [Settings] > [Plan Overview] を開き、 お客様のニーズに最適なプランを選択します。

クレジットベース プランの設定

To set up your desired plan, go to Settings > Plan Overview in the CircleCI web application. From there, select the plan that best fits your needs.

Free プラン

Performance プランにアップグレードすると、Free プランの内容に加えて複数のメリットが提供されます。

従来の CircleCI のコンテナベース プランと同様に、従量課金制でも無料のプランをご用意しています。 Free プランでも CircleCI の主要機能の多くをご利用いただけます。

  • Orbs の使用
  • ワークスペース
  • 依存関係のキャッシュ
  • Windows/Linux でのビルド

従量課金制の Free プランでは、週に 2,500 クレジットが提供され、Medium タイプのマシン (vCPU 2 基、RAM 4 GB) で利用することができます。 With this combination, credits are used at a rate of 10 credits/minute and there is no limit on user seats.

Performance プラン

Upgrading to a performance plan offers several improvements over the free plan:

  • すべてのマシン サイズの Docker/Linux ベース マシンへのアクセス
  • Medium サイズの macOS マシン (vCPU 4 基、RAM 8 GB、50 クレジット/分) へのアクセス
  • 無制限のユーザー シート数 (最初の 3 ユーザーは 15 ドル、それ以降は 1 ユーザーごとに 15 ドル)
  • Docker レイヤー キャッシュへのアクセス
  • キューイングなし
  • サポート

オープンソース プロジェクトでのクレジット使用

Free プランの組織には、毎月 400,000 クレジットが無料で付与され、Linux コンピューティングでのオープンソース プロジェクトのビルドに利用できます。 この特典を受け取るには、Free プランを利用し、リポジトリをパブリックにする必要があります。

CircleCI の Free プランを使用して macOS でビルドを行っている組織にも、毎月 25,000 クレジットが無料で付与され、macOS オープンソース プロジェクトのビルドに利用できます。 ご希望の方は、billing@circleci.com までお問い合わせください。

Docker レイヤー キャッシュ

Docker レイヤー キャッシュ (DLC) は 1 回のジョブ実行につき 200 クレジットでご利用いただけます。 DLC は Performance プランでのみ提供されます。 DLC の詳細については、こちらのドキュメントをご覧ください。

ご意見・ご質問

Am i charged if my build is “queued” or “preparing”?

No. If you are notified that a job is “queued”, it indicates that your job is waiting due to a plan or concurrency limit. If your job indicates that it is “preparing”, it means that CircleCI is setting up or dispatching your job so that it may run.

If you find that jobs are “preparing” for quite some time, you may be able to reduce it if your jobs use the docker executor; try using more recent docker images to decrease preparation time.

Questions and comments

ご不明な点がございましたら、まずは「よくあるご質問」の「料金・支払」セクションをご確認ください。 解決しない場合は、お気軽にサポート チケットを作成してお問い合わせください。



Help make this document better

This guide, as well as the rest of our docs, are open-source and available on GitHub. We welcome your contributions.