コア機能

ここでは、CircleCI の機能について、開発者向け機能とオペレーター向け機能に分けて概要を説明します。

開発者向け機能

CircleCI が提供する機能のうち、開発者の方に関係する人気の機能を紹介します。

ビルドへの SSH 接続

多くの場合、問題を解決するには、ジョブへの SSH 接続を行い、ログ ファイル、実行中のプロセス、ディレクトリ パスなどを調べることが最善の方法です。 CircleCI 2.0 では、すべてのジョブに SSH を介してアクセスするオプションが用意されています。

Note: When CircleCI runs your pipeline, the run command executes shell commands in a non-interactive shell. When SSH-ing into a build, you are using an interactive shell (see the section on Invocation in the bash manual for more information). An interactive bash shell loads a series of startup files (such as ~/.bash_profile), which may or may not change the outcome of SSH debugging process.

並列処理

プロジェクトに多数のテストが含まれる場合、それらを 1 台のマシンで実行するのには時間がかかります。 この時間を短縮するために、テストを複数のマシンに分散させてテストを並列実行することができます。 それには、並列処理レベルを指定する必要があります。

CircleCI CLI を使用してテスト ファイルを分割するか、環境変数を使用して並列マシンを個別に構成します。

リソース クラス

ジョブごとに CPU および RAM リソースを構成して、リソースを効率的に使用することができます。 リソース クラスは、.circleci/config.yml ファイルで指定する必要があります。

キャッシュ

キャッシュも、よく使用される機能です。 キャッシュは、以前のジョブの高コストなフェッチ操作から取得したデータを再利用することで、CircleCI のジョブを効果的に高速化します。

ワークフロー

CircleCI の ワークフローは、迅速なフィードバック、再実行時間の短縮、リソースの効率的な使用などによって、ソフトウェア開発をスピードアップさせる便利な機能です。

オペレーター向け機能

CircleCI が提供する機能のうち、オペレーターの皆様に関係する、問い合わせが多い機能を紹介します。

モニタリング

システム管理者は、インストールされている Nomad クライアントや Docker のメトリクスなど、さまざまな環境変数を通じて CircleCI をモニタリングするためのメトリクスを収集することができます。

Nomad クラスタ

CircleCI は、CircleCI 2.0 のプライマリ ジョブ スケジューラとして Nomad を使用します。 お使いの CircleCI 2.0 で Nomad クラスタを操作する方法については、Nomad の基本的な概要の説明を参照してください。

API

CircleCI API は、全面的な機能を備えた RESTful API で、CircleCI のすべての情報にアクセスでき、すべてのアクションをトリガーできます。

基本的なトラブルシューティング

プライベート サーバー上の CircleCI で問題が発生した場合は、「Server のトラブルシューティング」の手順を参照してください。

上記の記事で問題を解決できなかった場合は、お使いの CircleCI 用のサポート バンドルを生成して、サポート チケットをオープンしてください。

インサイト

CircleCI UI のインサイト ページは、追跡中のすべてのリポジトリのヘルス状態を示すダッシュボードで、平均ビルド時間、平均キュー時間、最終ビルド時刻、成功率、並列処理などが表示されます。



ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースで、GitHub で使用できます。 ご協力いただき、ありがとうございます。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
CircleCICircleCI ドキュメントは、クリエイティブ・コモンズの表示--非営利-継承 4.0 国際ライセンス に基づいてライセンス供与されています。