Jira と CircleCI の接続

ここでは、Jira を CircleCI ビルドに接続する方法について説明します。 CircleCI Jira プラグインを使用すると、ジョブ ページから直接 Jira チケットを作成して、ジョブのステータスを基にタスクや修正を割り当てたり、ビルドのステータスを Jira に表示したりといったことが可能です。

メモ: CircleCI Jira プラグインは Jira 管理者のみがインストールできます。

インストール手順

インテグレーションを追加し、ジョブの詳細ページに移動すると、Jira アイコンが有効化されています。

  1. Navigate to project settings and select JIRA integration
  2. Atlassian Marketplace にアクセスし、CircleCI Jira プラグインを入手します。
  3. プラグインをインストールし、プロンプトに従ってセットアップします。
  4. CircleCI の [Jira Integration (Jira インテグレーション)] 設定ページに戻り、生成されたトークンを追加します。

ジョブ ページで Jira チケットを作成する

Jira でビルドとデプロイのステータスを表示する

CircleCI Orb を使用すると、Jira でビルドとデプロイのステータスを確認できるようになります。 そのプロセスは以下のとおりです。

  1. 前述の手順に従って Jira と CircleCI を接続します。
  2. .circleci/config.yml ファイルの上部で、バージョン 2.1 が使用されていることを確認します。
  3. パイプラインを有効化していない場合は、[Project Settings (プロジェクト設定)] -> [Build Settings (ビルド設定)] -> [Advanced Settings (詳細設定)] の順に選択して有効化します。
  4. ビルド情報を取得する API トークンを入手するために、[Project Settings (プロジェクト設定)] -> [Permissions (権限)] -> [API Permissions (API 権限)] の順に移動します。 そのトークンをコピーします。 (Note: older versions of the JIRA orb may require you to retrieve a Project API Token, which is accessible from Project Settings > API Permissions)
  5. インテグレーションを許可してキーを使用するには、[Project Settings (プロジェクト設定)] -> [Build Settings (ビルド設定)] -> [Environment Variables (環境変数)] の順に選択して、CIRCLE_TOKEN という変数と作成したトークンの値を追加します。
  6. Orb スタンザを追加し、Jira Orb を呼び出します。

Jira Orb を使用したシンプルな config.yml の例を以下に示します。

jobs:
  build:
    docker:
      - image: 'circleci/node:10'
    steps:
      - run: echo "hello"
orbs:
  jira: circleci/jira@1.0.5
version: 2.1
workflows:
  build:
    jobs:
      - build:
          post-steps:
            - jira/notify
jobs:
  build:
    docker:
      - image: 'cimg/base:stable'
        auth:
          username: mydockerhub-user
          password: $DOCKERHUB_PASSWORD  # context / project UI env-var reference
    steps:
      - run: echo "hello"


Help make this document better

This guide, as well as the rest of our docs, are open-source and available on GitHub. We welcome your contributions.