Search Results for ""

CircleCI CLI 入門

概要

開発作業の大部分をターミナルで行いたい場合は、CircleCI CLI をインストールして CircleCI 上のプロジェクトを操作するとよいでしょう。 このドキュメントでは、CircleCI プロジェクトの初期化や操作を主にターミナルから行うための手順を説明します。

前提条件

  • Unix マシン (Mac または Linux) を使用している。Windows にも CircleCI CLI ツールのインストールは_可能_ですが、現在はベータ版であり、Unix 版ほどの機能は完備されていません。
  • CI/CD、CircleCI サービスの機能とコンセプトについての基礎知識がある。
  • GitHub アカウントを持っている。
  • CircleCI アカウントを持っている。
  • ターミナルを開いており、使用可能である。
  • オプション: Github の Hub コマンドライン ツールがインストールされている (Web UI ではなくコマンド ラインから Github を使用できます)。 Hub のインストール方法については、こちらを参照してください。

上記の前提条件に不明点がある方や CircleCI プラットフォームの初心者は、先に入門ガイドまたはコンセプトに関するドキュメントをお読みになることをお勧めします。

手順

Git リポジトリを初期化する

基本中の基本から始めましょう。プロジェクトを作成し、Git リポジトリを初期化します。 各ステップについては、以下のコード ブロックを参照してください。

cd ~ # ホーム ディレクトリに移動します
mkdir foo_ci # "foo_ci" という名前のフォルダーにプロジェクトを作成します
cd foo_ci # 新しい foo_ci フォルダーにディレクトリを変更します
git init # git リポジトリを作成します
touch README.md # リポジトリに配置するファイルを作成します
echo 'Hello World!' >> README.md
git add . # コミットするすべてのファイルをステージングします
git commit -m "Initial commit" # 最初のコミットを実行します

Git リポジトリを VCS に接続する

前述の手順で Git リポジトリがセットアップされ、「Hello World!」と記述された 1 つのファイルが格納されました。 ローカルの Git リポジトリは、バージョン管理システム (GitHub または BitBucket) に接続する必要があります。 やってみましょう。

Hub CLI のインストールとセットアップが完了している場合は、以下のコマンドを実行するだけです。

hub create

次に、ログインと Hub CLI の承認に関するプロンプトに従います。

Hub CLI を使用していない場合は、GitHub にアクセスしてログインし、新しいリポジトリを作成します。 指示に従ってコミットし、リモートにプッシュします。 この操作は通常、以下のようなコマンドになります。

git remote add origin git@github.com:<YOUR_USERNAME>/foo_ci.git
git push --set-upstream origin master

これで、Git リポジトリが VCS に接続され、 VCS 上のリモート (“origin”) がローカルでの作業内容と一致するようになります。

CircleCI CLI をダウンロードして準備する

次に、CircleCI CLI をインストールし、いくつかの機能を試してみます。 CLI を Unix マシンにインストールするには、ターミナルで以下のコマンドを実行します。

curl -fLSs https://circle.ci/cli | bash

CLI のインストール方法はいくつかあります。別の方法を使用する必要がある場合は、こちらを参照してください。

次に、インストール後のセットアップ手順を実行します。

circleci setup

ここで API トークンを要求されます。 アカウントの設定ページに移動し、[Create New Token (新しいトークンを作成する)] をクリックします。 トークンに名前を付け、生成されたトークン文字列をコピーして、安全な場所に保存します。

CLI に戻って API トークンを貼り付ければセットアップは完了です。

最初の設定ファイルを準備してバリデーションする

ここからは、プロジェクト ディレクトリに設定ファイルを作成します。

cd ~/foo_ci # カレント ディレクトリが foo_ci フォルダーであることを確認します
mkdir .circleci # ".circleci" という名前のディレクトリを作成します
cd .circleci # カレント ディレクトリを新しいディレクトリに変更します
touch config.yml # "config.yml" という名前の YAML ファイルを作成します

上記のコマンドにより、.circleci フォルダーが作成され、そこに設定ファイルが格納されます。

新しく作成した config.yml ファイルを開き、以下の内容を貼り付けます。

version: 2.0
jobs:
  build:
    docker:
      - image: circleci/ruby:2.4.2-jessie-node
    steps:
      - checkout
      - run: echo "Hello World"

ここで、この構成が有効であるかどうかをバリデーションします。 プロジェクトのルートで、以下のコマンドを実行します。

circleci config validate

メモ: 使用しているコマンドの詳細を知りたい場合は、--help を追加すると、いつでもコマンドに関する補足情報がターミナルに表示されます。

circleci config validate --help

VCS にプッシュする前にジョブをテストする

CircleCI CLI では、コマンド ラインからジョブをローカルでテストできます。VCS にプッシュする必要はありません。 設定ファイル内のジョブに問題があることがわかっている場合は、プラットフォームでクレジットや時間を消費するよりも、ローカルでテストやデバッグを行う方が賢明です。

“build” ジョブをローカルで実行してみます。

circleci local execute

これで、指定した Docker イメージ (この場合は circleci/ruby::2.4.2-jessie-node) がプル ダウンされ、ジョブが実行されます。 使用している Docker イメージのサイズによっては、多少の時間がかかります。

ターミナルには大量のテキストが表示されるはずです。 出力の最後の数行は以下のようになります。

====>> Checkout code
  #!/bin/bash -eo pipefail
mkdir -p /home/circleci/project && cp -r /tmp/_circleci_local_build_repo/. /home/circleci/project
====>> echo "Hello World"
  #!/bin/bash -eo pipefail
echo "Hello World"
Hello World
Success!

リポジトリを CircleCI に接続する

このステップでは、ターミナルを離れる必要があります。 [Add Projects (プロジェクトの追加)] ページにアクセスします。 コードをプッシュするたびに CI が実行されるようにプロジェクトをセットアップします。

プロジェクトのリストから目的のプロジェクト (“foo_ci” または GitHub で付けた名前) を見つけ、[Set Up Project (プロジェクトのセットアップ)] をクリックします。 次に、ターミナルに戻り、最新の変更を GitHub にプッシュします (config.yml ファイルの追加分)。

git add .
git commit -m "add config.yml file"
git push

ブラウザーで CircleCI に戻ると、[Start building (ビルドの開始)] をクリックしてビルドを実行できます。

次のステップ

このドキュメントでは、CircleCI CLI ツールの使用を開始するための手順を簡単に説明してきました。 CircleCI CLI は、さらに複雑な機能も提供しています。

  • Orbs の作成、表示、バリデーション、パブリッシュ
  • CircleCI GraphQL API のクエリ
  • 複雑な設定ファイルのパッケージ化と処理

詳細については、CircleCI のローカル CLI に関するドキュメントを参照してください。