Search Results for ""

最適化

以下のサンプルスニペットを使用して、ジョブ実行、ワークフロー、イメージのビルドをスピードアップさせましょう。

依存関係のキャッシュ

    steps: # 実行可能コマンドの集合
      - checkout # ソースコードを作業ディレクトリにチェックアウトする特別なステップ
      - restore_cache: # Branch キーテンプレートファイルまたは requirements.txt ファイルが前回の実行時から変更されていない場合、保存されている依存関係キャッシュを復元します
          key: deps1-{{ .Branch }}-{{ checksum "requirements.txt" }}
      - run: # pip を使用して、仮想環境をインストールしてアクティブ化します
          command: |
            python3 -m venv venv
            . venv/bin/activate
            pip install -r requirements.txt
      - save_cache: # 依存関係キャッシュを保存する特別なステップ
          key: deps1-{{ .Branch }}-{{ checksum "requirements.txt" }}
          paths:
            - "venv"

並列処理

# ~/.circleci/config.yml
version: 2
jobs:
  docker:
    - image: circleci/<language>:<version TAG>
  test:
    parallelism: 4

Docker レイヤーキャッシュ

Docker レイヤーキャッシュ (DLC) はプレミアム機能です。お使いのアカウントでこの有料の機能を有効にするには、サポートチケットをオープンする必要があります。

version: 2
jobs:
 build:
   docker:
     # ここでは、DLC は何もしません。キャッシュの状況は、イメージレイヤーにどれだけ共通点があるかによって左右されます。
      - image: circleci/node:9.8.0-stretch-browsers
    steps:
      - checkout
      - setup_remote_docker:
          docker_layer_caching: true
      # ここでは、DLC はレイヤーを明示的にキャッシュし、リビルドを避けようとします。
      - run: docker build .

関連項目

CircleCI を設定する