プロジェクトとビルド

ここでは、CircleCI でプロジェクトのビルドを自動化する方法について説明します。

概要

GitHub または Bitbucket 上のソフトウェア リポジトリが承認され、プロジェクトとして circleci.com に追加された後は、コードを変更するたびに、クリーン コンテナ、またはユーザーの要件に合わせて構成された VM でビルドと自動化されたテストがトリガーされます。

プロジェクトの追加

CircleCI プロジェクトは、関連付けられているコード リポジトリの名前を共有し、CircleCI アプリケーションの [Projects (プロジェクト)] ページに表示されます。プロジェクトは、[Add Project (プロジェクトの追加)] ボタンを使用して追加します。

プロジェクトの追加ページ

ヘッダー

ユーザーは、プロジェクトをフォローすることで、プロジェクトのビルド ステータスに関するメール通知を受け取り、プロジェクトを自分の CircleCI ダッシュボードに追加できます。

プロジェクト管理者とは、GitHub または Bitbucket リポジトリをプロジェクトとして CircleCI に追加するユーザーです。 ユーザーとは、組織内の個々のユーザーです。 CircleCI ユーザーとは、ユーザー名とパスワードを使用して CircleCI プラットフォームにログインできる人を指します。 関係する CircleCI プロジェクトを表示したりフォローするには、ユーザーが GitHub または Bitbucket 組織に追加されている必要があります。 ユーザーは、環境変数に保存されているプロジェクト データを表示することはできません。

プロジェクトが表示されない場合は、CircleCI 上でビルド中でないときに CircleCI アプリケーションの左上隅で組織を確認してください。 たとえば、左上にユーザー my-user が表示されているなら、my-user に所属する GitHub プロジェクトのみが Add Projects の下で使用できます。 GitHub プロジェクト your-org/project をビルドする場合は、アプリケーションの [Switch Organization (組織の切り替え)] メニューで your-org を選択する必要があります。

SWITCH ORGANIZATION メニュー

ビルドの表示

新しいコミットがリポジトリにプッシュされると、CircleCI アプリケーションの [Jobs (ジョブ)] ページにビルドが表示されます。 設定ファイルの変更をプッシュしたときに、ビルド中のジョブが [Jpbs (ジョブ)] ページに表示されない場合は、ビルドを有効にするには設定ファイルをどう更新したらよいか、CircleCI アプリケーションの [Workflows (ワークフロー)] タブで確認してください。

ワークフロー

関連項目

設定