Server版 CircleCI ランナー

注: 執筆時点のバージョンの CircleCI Server 3.x では、CircleCI ランナーは使用できません。CircleCI Server に対応した CircleCI ランナーは、次回リリース前にプレビュー版として提供される予定です。 詳細については、こちらからお問い合わせください

認証

名前空間、リソース クラス、トークンを作成するには、CLI が CircleCI Server 環境に接続できるよう構成する必要があります。この構成は、--host HOSTNAME フラグと --token TOKEN フラグを付けるか、または CircleCI CLI の設定ファイルを使用して行います。

リソース クラスの作成例

circleci runner resource-class create <resource-class> <description> --host HOSTNAME --token TOKEN

設定ファイル

ランナーのセットアップ時には、設定ファイルで host プロパティを指定する必要があります。

api:
    auth_token: AUTH_TOKEN
    host: HOSTNAME
runner:
  name: RUNNER_NAME
  command_prefix: ["sudo", "-niHu", "circleci", "--"]
  working_directory: /opt/circleci/workdir/%s
  cleanup_working_directory: true

バージョン

CircleCI Server のバージョンによって、対応しているランナーのバージョンは異なります。 下表に、それぞれのバージョンの対応関係を示します。

CircleCI Server のバージョン ランナーのバージョン
3.0 未定

次のスクリプトの VERSION を適切なバージョンに置き換えて実行し、指定したバージョンのランナーのバイナリをダウンロードおよび検証して、インストールします。

agent_version=VERSION
prefix=/opt/circleci
sudo mkdir -p "$prefix/workdir"
base_url="https://circleci-binary-releases.s3.amazonaws.com/circleci-launch-agent"
echo "Determining latest version of CircleCI Launch Agent"
echo "Using CircleCI Launch Agent version $agent_version"
echo "Downloading and verifying CircleCI Launch Agent Binary"
curl -sSL "$base_url/$agent_version/checksums.txt" -o checksums.txt
file="$(grep -F "$platform" checksums.txt | cut -d ' ' -f 2 | sed 's/^.//')"
mkdir -p "$platform"
echo "Downloading CircleCI Launch Agent: $file"
curl --compressed -L "$base_url/$agent_version/$file" -o "$file"
echo "Verifying CircleCI Launch Agent download"
grep "$file" checksums.txt | sha256sum --check && chmod +x "$file"; sudo cp "$file" "$prefix/circleci-launch-agent" || echo "Invalid checksum for CircleCI Launch Agent, please try download again"