CircleCI Server v3.x スケーリング サービス

Last updated
Tags Server v3.x サーバー管理

CircleCI server 3.x より前のバージョンでは、サーバーのスケーリングには JVM ヒープ サイズ、 RAM およびその他のリソースの拡張が必要でした。 Server 3.0 はレプリカセットを使用してサービスのスケールアウトを行います。 フロントエンドまたは出力プロセッサのスケールアップをする場合、これらのサービスで使用できるレプリカ数を増やします。

レプリカセットを設定するには 2 つの方法があります。

デプロイの構成



ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

サポートが必要ですか?

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。

または、サポートサイトから、サポート記事やコミュニティフォーラム、トレーニングリソースをご覧いただけます。