Search Results for ""

CircleCI トライアルのインストール

CircleCI は、数十~数百のビルドマシンから成るクラスタをサポートするスケーラブルな CI/CD プラットフォームです。 ここでは、1 台の仮想マシン上に CircleCI プラットフォームをインストールし、実行する手順を紹介します。 あらゆる環境で簡易なトライアルを行っていただけるよう、その方法についてわかりやすく解説することが目的です。

前提条件

トライアルを正常にインストールするには、以下の要件を満たす必要があります。

  • サインアップして、CircleCI の評価版ライセンス ファイルを取得する。
  • AWS アカウントを作成する。
  • バージョン管理に GitHub.com または GitHub Enterprise を使用する。
  • CircleCI と GitHub を実行するマシンがネットワーク上で相互にアクセスできる。
  • CircleCI マシンにアウトバウンド インターネット アクセスを許可する。 プロキシ サーバーを使用する場合の手順については、お問い合わせください

AWS EC2 でのインストール手順

ここでは、作成済みの Amazon マシン イメージ (AMI) を使用して、単一の EC2 VM 上に CircleCI をインストールする手順を説明します。 AMI は、特別なタイプの仮想アプライアンスで、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) 内で仮想マシンを作成するために使用します。

メモ: インストールしたマシン上で実行されるすべてのビルドは、インスタンス プロファイルに関連付けられている IAM (AWS Identity and Access Management) 権限にアクセスします。 インスタンスに不適切な権限を付与しないでください。 このアクセスは、本番のセットアップ時に iptables ルールを使用してブロックできます。手順の詳細については、サポートセンターにお問い合わせください

Amazon マシン イメージの構成

Go!

  1. 上のドロップダウン リストから、該当するリージョンの Amazon マシン イメージを選択し、[Go!] をクリックします。
  2. 少なくとも 32 GB の RAM を備えたインスタンス タイプ (m4.2xlarge など) をリストから選択します。 次に、[Next: Configure Instance Details (次へ: インスタンスの詳細構成を行う)] を選択します。
  3. [Configure Instance Details (インスタンスの詳細構成を行う)] ページで以下を行います。
  • ネットワークを選択します。 - [Auto-assign Public IP (パブリック IP を自動で割り当てる)] を有効にします。 - IAM ロールが [None (なし)] に設定されていることを確認します。 AWS ステップ 3 - 上記がすべて完了したら、[Next: Add Storage (次へ: ストレージを追加する)] を選択します。 4. インスタンスにはデフォルトで 100 GiB のストレージが用意されており、トライアルをインストールするには十分な容量です。 [Next: Add Tags (次へ: タグを追加する)] を選択します。 5. このトライアルではタグを追加する必要はありませんが、必要に応じて [Add Tag (タグを追加する)] ボタンを使用して追加できます。 [Configure Security Group (次へ: セキュリティ グループを構成する)] を選択します。 5. [Configure Security Group (セキュリティ グループを構成する)] ページで、以下のポートを開きます。 - SSH ポート 22 - HTTP ポート 80 - HTTPS ポート 443 - カスタム TCP 8800 - (オプション) 開発者がデバッグ目的でビルドに SSH 接続できるようにしたい場合は、カスタム TCP のポート 64535-65535 を開きます。 AWS ステップ 5 - 次に、[Review and Launch (レビューおよび起動する)] を選択し、トライアル インスタンスのサマリーを確認したら、[Launch (起動する)] を選択します。 6. [Launch Status (起動ステータス)] ページが表示されます。 このページから [View Instances (インスタンスを表示させる)] を選択して AWS ダッシュボードに移動し、トライアル インスタンスのすべての詳細を確認できます。 インスタンスが起動したら、パブリックまたはプライベートの IP アドレスまたはホスト名に移動し、[Get Started (今すぐ開始する)] をクリックして、CircleCI の指示に沿って残りのインストール プロセスを完了します。 メモ: ブラウザーに [Get Started (今すぐ開始する)] のリンク先が安全でないという警告が表示される場合があります。 利用開始のページ

CircleCI の設定

  1. SSL 証明書オプションを選択し、必要に応じてホスト名を入力します。 ここで、CircleCI アカウントに登録したときに提供されたライセンス ファイルをアップロードできます。 アップロードしない場合、CircleCI 環境のすべてのマシンは GitHub Enterprise インスタンスの SSL 証明書をデフォルトで検証します。
    • メモ: 自己署名証明書を使用している場合、またはカスタム CA ルートを使用している場合は、情報を CircleCI 信頼ストアに追加するためのスクリプトについて、「証明書」を参照してください。
  2. CircleCI ライセンス ファイルをアップロードしたら、管理者コンソールの保護方法を選択できます。 以下の 3 つの方法が用意されています。
    • コンソールへの匿名管理者アクセスを許可します。この方法を使用すると、ポート 8800 からだれでもアクセスできるようになります (非推奨)。
    • 管理者コンソールに安全にアクセスできるようにパスワードを設定します (推奨)。
    • 既存のディレクトリベースの認証システム (LDPA) を使用します。
  3. これで、CircleCI インスタンスに対して一連の事前チェックが行われます。完了したら、[Continue (続行する)] をクリックします。
  4. [Settings (設定)] ページで、以下を行います。
    • ホスト名、またはホスト名を設定していない場合は IP アドレスを入力し、[Test Hostname Resolution (ホスト名解決をテストする)] をクリックします。
    • 1.0 ビルド機能を使用しない場合は、[Execution Engines (実行エンジン)] で、そのチェックボックスをオフのままにします。 またユーザーのほとんどが 2.0 機能のチェックボックスをオンにする必要があります。
    • [2.0 Builders Configuration (2.0 Builder 構成)] では、[Single Box (単一ボックス)] を選択します。
    • GitHub のインテグレーション手順に従います。 メモ:Unknown error authenticating via GitHub. Try again, or contact us.」というメッセージが表示された場合は、ホームページ URL とコールバック URL で https: の代わりに http: を使用してみてください。
    • [Storage (ストレージ)] セクションで [None (なし)] が選択されていることを確認します。 本番環境では他のオブジェクト ストアが使用される場合がありますが、その場合には対応する IAM 権限が必要です。
    • [VM Provider (VM プロバイダー)] が [None (なし)] に設定されていることを確認します。 Docker ビルドの実行をサポートするなどの目的で、CircleCI で動的な VM プロビジョニングを許可したい場合、この設定を変更することもできます。ただし、その場合は追加の IAM 権限が必要です。 ご不明な点がございましたら、お問い合わせください
    • ライセンス契約に同意し、保存したら、ダッシュボードに移動します。 およそ 160 MB の Docker イメージをダウンロードすると、アプリケーションの起動プロセスが始まります。完了までしばらく待機します。
  5. [Open (開く)] をクリックして CircleCI アプリケーションを起動し、[Sign Up (登録する)] をクリックして GitHub アカウントを承認します。 [Add Projects (プロジェクトを追加する)] ページが表示され、最初のビルドを行うプロジェクトを選択できます。