ステータス


バッジ デバッグ
インテグレーションを利用して、他の Web ページにステータス バッジを追加ことができます。 ビルドのトラブルシューティングが必要なときは、SSH を使用して、失敗したビルドをデバッグできます。

キューイング
ジョブの待機時間が発生している場合は、Performance プランまたは Custom プランへの切り替えによって解消できる可能性があります。 For further information see our guide to using credits.

ワークフローの図

CircleCI の統合ダッシュボードでは、最後に完了したジョブ実行について以下のステータスが表示されます。

  • SUCCESS: すべてのジョブが成功
  • FAILED: 1 つ以上のジョブが失敗

ワークフローを使用している場合は、上記に加えてワークフロー固有のステータスが表示されます。



ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースで、GitHub で使用できます。 ご協力いただき、ありがとうございます。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
CircleCICircleCI ドキュメントは、クリエイティブ・コモンズの表示--非営利-継承 4.0 国際ライセンス に基づいてライセンス供与されています。