Managing User Accounts in Server Installations

This section provides information to help system administrators of self-hosted CircleCI Server installations manage accounts for their users. ユーザー アカウントの概要を確認するには、CircleCI アプリケーションの右上隅にあるプロファイルをクリックし、[Admin (管理者)] を選択して、[Admin Settings (管理者設定)] の [Overview (概要)] を表示します。 この概要には、アクティブ ユーザー数とライセンスが付与されているユーザーの総数が表示されます。

Accounts Overview
Figure 1. [Admin Settings (管理者設定)] – アカウントの概要

アカウントの停止

不要になったアカウントは、ライセンス割り当ての数にカウントされないよう、停止してアクティブ状態を解除できます。 アカウントを停止するには、以下の手順を行います。

  1. CircleCI の [Admin Settings (管理者設定)] に移動します。

  2. [Admin Settings (管理者設定)] メニューから [System Settings (システム設定)] を選択します。

  3. 停止中のユーザー アカウントの再アクティブ化

  4. Click Suspend next to the account name and the account will appear in the Suspended window

Suspend a User Account
Figure 2. アカウントの停止

停止中の新規ユーザー アカウントのアクティブ化

停止したアカウントを再びアクティブ状態にするには、以下の手順を行います。

  1. CircleCI の [Admin Settings (管理者設定)] に移動します。

  2. [Admin Settings (管理者設定)] メニューから [System Settings (システム設定)] を選択します。

  3. View the Suspended window

  4. そのアカウントが [Active (アクティブ)] ウィンドウに表示されるようになります。

Reactivate existing users
Figure 3. 既存ユーザーの再アクティブ化

アカウントのアクセス権の制御

GitHub.com または GitHub Enterprise の組織に関連付けられているユーザーならだれでも、自社の CircleCI のユーザー アカウントを作成できます。 アクセス可能なユーザーを制御するため、*全て*の新規ユーザーを自動的に停止状態にし、管理者によるアクティブ化を必須化することができます。 この機能を使用するには、以下の手順を行います。

  1. CircleCI の [Admin Settings (管理者設定)] に移動します。

  2. [Admin Settings (管理者設定)] メニューから [System Settings (システム設定)] を選択します。

  3. 1.CircleCI の [Admin Settings (管理者設定)] に移動します。 2.[Admin Settings (管理者設定)] メニューから [System Settings (システム設定)] を選択します。 3.[Suspend New Users (新規ユーザーの停止)] を [true (有効)] に設定します。

Suspend New Users
Figure 4. 新規ユーザーの自動停止

Activating a Suspended New User Account

自動的に停止された*新規*アカウントをアクティブ化し、CircleCI Serverへのアクセスを許可するには、以下の手順を行います。

  1. CircleCI の [Admin Settings (管理者設定)] に移動します。

  2. [Admin Settings (管理者設定)] メニューから [System Settings (システム設定)] を選択します。

  3. View the Suspended New Users window

  4. そのアカウントが [Active (アクティブ)] ウィンドウに表示されるようになります。

Activate New Users
Figure 5. 停止中の新規ユーザーのアクティブ化

GitHub 組織ごとのユーザー登録の制限

GitHub.com を使用している場合は、承認済みの組織リストで指定した組織に*所属しているもしくは権限を持っている*ユーザーのみ CircleCI への登録を制限できます。 この機能を使用するには、以下の手順を行います。

  1. CircleCI の [Admin Settings (管理者設定)] に移動します。

  2. [Admin Settings (管理者設定)] メニューから [System Settings (システム設定)] を選択します。

  3. [Required Org Membership List (必要な組織メンバーシップのリスト)] が表示されるまで下へスクロールします。

  4. 1.CircleCI の [Admin Settings (管理者設定)] ページに移動します。 2.[Admin Settings (管理者設定)] メニューから [System Settings (システム設定)] を選択します。 3.[Required Org Membership List (必要な組織メンバーシップのリスト)] が表示されるまで下へスクロールします。 4.承認する組織を入力します。 複数の組織を入力する場合は、カンマで区切って入力します。

Org Membership
Figure 6. 組織のメンバーシップ
組織のメンバーシップは、どの形式であっても、この承認機能の対象になります。 なお、リスト上にない組織にユーザーが所属している場合、この機能はその組織に関連付けられたビルドの実行には影響しません。

ユーザーの全一覧

CircleCI Server の全ユーザー一覧を表示するには、Services マシンに SSH 接続してから、以下のコマンドを実行します。

circleci dev-console
(circle.model.user/where { :$and [{:sign_in_count {:$gte 0}}, {:login {:$ne nil}}]} :only [:login])

ユーザーの削除

If you have at any point changed your GitHub/Enterprise hostname associated with CircleCI, contact your account team before attempting to remove a user.

CircleCI Server からユーザーを削除するには、Services マシンに SSH 接続してから、以下のコマンドを実行して削除します。 コマンドには、対象ユーザーの GitHub ユーザー名を代入します。

circleci dev-console
(circle.http.api.admin-commands.user/delete-by-login-vcs-type! "github-username-of-user" :github)


Help make this document better

This guide, as well as the rest of our docs, are open-source and available on GitHub. We welcome your contributions.