Search Results for ""

ワークフロー

CircleCI のワークフローは、ジョブを順次実行または並列実行するための機能です。ジョブが失敗したときにすばやくフィードバックできる高い柔軟性を備えています。


ジョブの手動承認 フィルターの使用
承認ジョブを追加して手動ゲートをセットアップします。      正規表現を使用して、ブランチでフィルタリングまたはタグでフィルタリングします。

ワークフローのスケジュール実行 ワークスペースの使用
cron で設定されたスケジュールに基づいてワークフローをトリガーします。     ワークスペースを使用して、ジョブ間でデータを共有します。

ビデオ: ワークフローに複数のジョブを構成する

以下のビデオでは、.circleci/config.yml ファイルでワークフローを構成する方法を説明しています。

ワークフローのステータス

ワークフローのステータスには以下の種類があります。

  • RUNNING: ワークフローが実行中
  • NOT RUN: ワークフローが起動されていない
  • CANCELLED: ワークフローが終了前にキャンセルされた
  • FAILING: ワークフロー内の 1 つのジョブが失敗
  • FAILED: ワークフロー内の 1 つ以上のジョブが失敗
  • SUCCESS: ワークフロー内のすべてのジョブが正常に完了
  • ON HOLD: ワークフロー内のジョブが承認を待機中
  • NEEDS SETUP: このプロジェクトの config.yml ファイル内に workflow スタンザが含まれていない、または正しくない