Search Results for ""

GitHub でステータスを待機するワークフロー

ci/circleci — Waiting for status to be reported

GitHub リポジトリでブランチにワークフローを実装しているものの、ステータスチェックがいつまでも完了しない場合は、GitHub でいずれかのステータス設定を解除する必要がある可能性があります。 たとえば、ブランチの保護を選択している場合は、以下に示すように ci/circleci ステータスキーの選択を解除する必要があります。このキーが選択されていると、デフォルトの CircleCI 1.0 チェックが参照されるためです。

GitHub ステータスキーの選択の解除

ワークフローを使用している場合に、ci/circleci チェックボックスをオンにすると、GitHub でステータスが完了と表示されなくなります。これは、CircleCI が名前にジョブを含むキーを使用して GitHub にステータスを送信するためです。

GitHub で [Settings (設定)] > [Branches (ブランチ)] に移動し、保護されているブランチで [Edit (編集)] ボタンをクリックして、設定の選択を解除します (例:https://github.com/your-org/project/settings/branches)。

いくつかの例と概念的な情報については、ワークフローの組織化に関するドキュメントを参照してください。