Search Results for ""

CircleCI での Yarn (npm の代替) の使用

Yarn は、JavaScript 用のオープンソース パッケージ マネージャーです。 Yarn によってインストールされるパッケージはキャッシュできるため、 ビルドを高速化できるだけでなく、さらに重要なメリットとして、ネットワーク接続に関するエラーも低減できます。

CircleCI での Yarn の使用方法

docker Executor を使用している場合は、ビルド環境に既に Yarn がインストールされている可能性があります。 CircleCI が提供しているビルド済み Docker イメージでは、Node.js イメージ (circleci/node) に Yarn がプリインストールされています。 circleci/pythoncircleci/ruby などの他の言語イメージを使用している場合は、Yarn と Node.js を含む 2 つのイメージ バリアントがあります。 -node-node-browsers のイメージ バリアントです。 たとえば、Docker イメージ circleci/python:3-node を使用すると、Yarn と Node.js がインストールされた Python ビルド環境が提供されます。

独自の Docker イメージ ベース、または macoswindowsmachine の Executor を使用している場合は、Yarn の公式ドキュメントの手順に従って Yarn をインストールできます。 Yarn ドキュメントには、マシン環境別のインストール手順が記載されています。 たとえば Unix 系の環境にインストールする場合には、以下の curl コマンドを使用します。

curl -o- -L https://yarnpkg.com/install.sh | bash

キャッシュ

Yarn パッケージをキャッシュして、CI ビルド時間を短縮できます。 以下に例を示します。

#...

      - restore_cache:
          name: Yarn パッケージのキャッシュの復元
          keys:
            - yarn-packages-{{ checksum "yarn.lock" }}
      - run:
          name: 依存関係のインストール
          command: yarn install --frozen-lockfile
      - save_cache:
          name: Yarn パッケージのキャッシュの保存
          key: yarn-packages-{{ checksum "yarn.lock" }}
          paths:
            - ~/.cache/yarn
#...

関連項目

依存関係のキャッシュ