ドキュメント
circleci.com
Start Building for Free

環境変数の使用

3 weeks ago3 min read
クラウド
Server v3.x
Server v2.x

以下のセクションに沿って、CircleCI で環境変数を使用する方法について説明します。

概要

CircleCI では、スコープや認可レベルに幅を持たせるために、環境変数の使用方法を複数提供しています。 環境変数は、その設定方法によって 優先順位に基づいて使用され、設定において各レベルで制御することができます。

非公開のプロジェクト全体で使用するプライベートキーまたはシークレット環境変数を追加するには、CircleCI アプリケーションで[Project Settings (プロジェクト設定)] の [Environment Variables (環境変数)] のページに移動します。 設定された後の変数の値は、アプリで読み取ることも編集することもできません。 環境変数の値を変更するには、現在の変数を削除し、新しい値を設定して再度追加します。

プライベート環境変数を使用すると、プロジェクトがパブリックの場合でもシークレットを安全に格納できます。 関連する設定情報については、 オープンソースプロジェクトの構築のページを参照してください。

[環境変数へのアクセスをさらに制限する]には、コンテキストを使用してください。 CircleCI アプリケーションの [Organization Settings (組織設定)] で設定します。 コンテキストを使用して環境変数へのアクセスを制御する方法について、詳細は「 コンテキストの制限」を参照してください。

シークレットのマスキング

シークレットのマスキングは、オンプレミス版である CircleCI Server では現在サポートされていません。

シークレットのマスキングは、[Project Settings (プロジェクト設定)] または [Contexts (コンテキスト)] で設定されている環境変数に適用されます。 環境変数は、プロジェクトのシークレットやキーを保持します。 シークレットやキーはアプリケーションにとってきわめて重要なものです。 シークレットのマスキングは、echoprint が使用される際にジョブ出力における環境変数を不明瞭にすることで、CircleCI のセキュリティを強化します。

以下の場合、環境変数の値はビルドの出力でマスキングされません。

  • 環境変数の値が 4 文字未満
  • 環境変数の値が trueTruefalseFalse のいずれか

注: シークレットのマスキングは、ビルドの出力で環境変数の値が表示されないようにするだけの機能です。 -x-o xtrace オプションを使ってバッシュシェルを呼び出すとマスキングされていないシークレットが誤ってログに記録される場合があります ( シェルスクリプトの使用を参照してください)。

別の場所 (テスト結果やアーティファクトなど)に出力される場合、シークレットはマスキングされません。 コンテキストの値には、 SSH を使用したデバッグを行うユーザーがアクセスできます。

組織とリポジトリの名前変更

過去に CircleCI に接続した組織やリポジトリの名前を変更する場合は、以下の手順を参考にしてください。

  1. VCS で組織またはリポジトリの名前を変更します。
  2. 新しい組織またはリポジトリの名前を使用して CircleCI アプリケーションにアクセスします (例: app.circleci.com/pipelines/<VCS>/<new-org-name>/<project-name>)。
  3. プラン、プロジェクト、設定が正常に転送されたことを確認します。
  4. これで、必要に応じて VCS の古い名前で新しい組織やリポジトリを作成できます。

注: この手順を実行しないと、環境変数コンテキストなど、組織またはリポジトリの設定にアクセスできなくなる可能性があります。

環境変数の使用オプション

CircleCI は Bash を使用しますが、ここでは POSIX 命名規則に従った環境変数が使用されます。 大文字・小文字のアルファベット、数字、アンダースコアが使用でき、 環境変数の頭文字はアルファベットとします。

優先順位

環境変数は、以下に示す優先順位に従って使用されます。

  1. FOO=bar make install など、run ステップの シェル コマンドで宣言された環境変数
  2. run ステップenvironment キーを使用して宣言された環境変数
  3. ジョブenvironment キーを使用して設定された環境変数
  4. このドキュメントの「 CircleCI 定義済み環境変数」セクションで解説されている特別な CircleCI 環境変数
  5. コンテキスト環境変数 (ユーザーがコンテキストへのアクセス権を持つ場合)。 手順については、 コンテキストに関するドキュメントを参照してください。
  6. [Project Settings (プロジェクト設定)] ページで設定された プロジェクトレベルの環境変数

FOO=bar make install のように、run ステップのシェルコマンド内で宣言された環境変数は、environment キーおよび contexts キーを使用して宣言された環境変数よりも優先されます。 [Contexts (コンテキスト)] ページで追加された環境変数は、[Project Settings (プロジェクト設定)] ページで追加された変数よりも優先されます。

環境変数の優先順位

セキュリティに関する注意事項

.circleci/config.yml ファイル内にシークレットやキーを追加しないでください。 CircleCI 上のプロジェクトにアクセスできる開発者には、config.yml の全文が表示されます。 シークレットやキーは、CircleCI アプリの プロジェクト コンテキストの設定に保存します。 詳細については、セキュリティに関するドキュメントの「 暗号化」セクションを参照してください。

設定内でスクリプトを実行すると、シークレット環境変数が公開される場合があります。 スクリプトのセキュアな活用方法については、 シェルスクリプトの使い方ページでご確認ください。

環境変数の設定例

以下のような config.yml を例に考えてみましょう。

version: 2.1

jobs: # 実行時の基本的な作業単位を定義
  build:
    docker: # Docker executor を使用
      # CircleCI の Node.js イメージはこちらで確認できます: https://hub.docker.com/r/circleci/node/
      - image: cimg/node:17.2.0
        auth:
          username: mydockerhub-user
          password: $DOCKERHUB_PASSWORD  # コンテキストまたはプロジェクトの画面で設定した環境変数を参照
    steps: # # `build` ジョブを設定するステップを定義
      - checkout # 作業用ディレクトリにソースコードをチェックアウト
      # 環境変数をセットアップするステップを実行
      # MY_ENV_VAR を $BASH_ENV にリダイレクト
      - run:
          name: "Setup custom environment variables"
          command: echo 'export MY_ENV_VAR="FOO"' >> $BASH_ENV
      - run: # 現在のブランチ名を print
          name: "What branch am I on?"
          command: echo ${CIRCLE_BRANCH}
      # 上記のステップと同じことをするステップを実行
      # 環境変数を参照する際には波括弧をつけなくても大丈夫です
      - run:
          name: "What branch am I on now?"
          command: echo $CIRCLE_BRANCH
      - run:
          name: "What was my custom environment variable?"
          command: echo ${MY_ENV_VAR}
      - run:
          name: "Print an env var stored in the Project"
          command: echo ${PROJECT_ENV_VAR}
      - run:
          name: "Print an env var stored in a Context"
          command: echo ${CONTEXT_ENV_VAR}

workflows: # build という名前のジョブを実行するだけのワークフロー
  build:
    jobs:
      - build:
          context: Testing-Env-Vars

この config.yml では以下が行われます。

  • カスタム環境変数の設定
  • CircleCI が提供する定義済み環境変数 (CIRCLE_BRANCH) の読み取り
  • config.yml での変数の使用 (または挿入)
  • プロジェクトまたはコンテキストで設定される環境変数に適用されるシークレットのマスキング

この設定ファイルを実行すると、下図のように出力されます。 プロジェクトに格納されている環境変数がマスキングされ、**** と表示されていることに注目してください。

環境変数の挿入例

上の設定ファイルと出力には、「今いるブランチを表示」という 2 つの類似するステップが含まれています。 これらのステップは、環境変数を読み取るための 2 つの方法を示しています。 なお、${VAR} 構文と $VAR 構文がどちらもサポートされています。 シェル パラメーターの展開については、 Bash のドキュメントを参照してください。

パラメーターと Bash 環境の使用

原則として、CircleCI はビルド設定への環境変数の挿入をサポートしていません。 使用する値はリテラルとして扱われます。 そのため、working_directory を定義するときや、PATH を変更するとき、複数の run ステップで変数を共有するときに、問題が発生する可能性があります。

ただし、 プライベート イメージをサポートするため、Docker イメージ セクションは例外となっています。

以下の例では、$ORGNAME$REPONAME に挿入は行われません。

working_directory: /go/src/github.com/$ORGNAME/$REPONAME

version: 2.1 の設定ファイルを使用すると、config.yml 全体の設定の一部を再利用できます。 以下のように parameters 宣言を使用することで、再利用可能な commands jobsexecutors に挿入を行う (値を渡す) ことができます。

version: 2.1

jobs:
  build:
    parameters:
      org_name:
        type: string
        default: my_org
      repo_name:
        type: string
        default: my_repo
    docker:
      - image: cimg/go:1.17.3
        auth:
          username: mydockerhub-user
          password: $DOCKERHUB_PASSWORD  # コンテキスト/プロジェクト UI 環境変数の参照
    steps:
      - run: echo "project directory is go/src/github.com/<< parameters.org_name >>/<< parameters.repo_name >>"

workflows:
  my_workflow:
    jobs:
      - build:
          org_name: my_organization
          repo_name: project1

      - build:
          org_name: my_organization
          repo_name: project2

詳細については、「 parameters 宣言の使用」を参照してください。

設定ファイルに値を挿入する方法として、以下のように、run ステップを使用して環境変数を BASH_ENV にエクスポートすることもできます。

steps:
  - run:
      name: 環境変数のセットアップ
      command: |
        echo "export PATH=$GOPATH/bin:$PATH" >> $BASH_ENV
        echo "export GIT_SHA1=$CIRCLE_SHA1" >> $BASH_ENV

各ステップで、CircleCI は bash を使用して BASH_ENV を取得します。 つまり、BASH_ENV が自動的にロードおよび実行されることで、挿入を使用して複数の run ステップで環境変数を共有できるようになります。

注: この $BASH_ENV による回避策は bash でのみ機能します。 他のシェルではおそらく機能しません。

Alpine Linux

Alpine Linux ベースのイメージ ( Docker など) は ash シェルを使用します。

以下の 2 つのパラメーターをジョブに追加するだけで、bash で環境変数を使用できます。

version: 2.1

jobs:
  build:
    shell: /bin/sh -leo pipefail
    environment:

      - BASH_ENV: /etc/profile

シェル コマンドでの環境変数の設定

CircleCI は環境変数の設定時の挿入をサポートしませんが、 BASH_ENV を使用して、現在のシェルに変数を設定することは可能です。 これは、PATH を変更するときや、他の変数を参照する環境変数を設定するときに便利です。

version: 2.1

jobs:
  build:
    docker:

      - image: smaant/lein-flyway:2.7.1-4.0.3
        auth:
          username: mydockerhub-user
          password: $DOCKERHUB_PASSWORD  # コンテキスト/プロジェクト UI 環境変数の参照
    steps:
      - run:
          name: PATH の更新および実行時の環境変数の定義
          command: |
            echo 'export PATH=/path/to/foo/bin:$PATH' >> $BASH_ENV
            echo 'export VERY_IMPORTANT=$(cat important_value)' >> $BASH_ENV
            source $BASH_ENV

注: シェルによっては、~/.tcshrc~/.zshrc などのシェル スタートアップ ファイルに新しい変数を付加しなければならない場合があります。

環境変数の設定についての詳細は、ご使用のシェルのドキュメントを確認してください。

ステップでの環境変数の設定

ステップで環境変数を設定するには、 environment キーを使用します。

version: 2.1

jobs:
  build:
    docker:

      - image: smaant/lein-flyway:2.7.1-4.0.3
        auth:
          username: mydockerhub-user
          password: $DOCKERHUB_PASSWORD  # コンテキスト/プロジェクト UI 環境変数の参照
    steps:
      - checkout
      - run:
          name: 移行の実行
          command: sql/docker-entrypoint.sh sql
          # 単一のコマンド シェル用の環境変数
          environment:
            DATABASE_URL: postgres://conductor:@localhost:5432/conductor_test

注:run ステップは新しいシェルなので、環境変数はステップ間で共有されません。 複数のステップで環境変数にアクセスできるようにする必要がある場合は、 BASH_ENV を使用して値をエクスポートします。

ジョブでの環境変数の設定

1 つのジョブで環境変数を設定するには、 environment キーを使用します。

version: 2.1

jobs:
  build:
    docker:
      - image: cimg/base:2022.04-20.04
        auth:
          username: mydockerhub-user
          password: $DOCKERHUB_PASSWORD  # context / project UI env-var reference
    environment:
      FOO: bar

注: 7 桁以上の整数は指数表記に変換されます。 これを回避するには、整数を文字列として格納してください (例: “1234567”)。

コンテキストでの環境変数の設定

  1. CircleCI Web アプリで、左のナビゲーションにあるリンクをクリックして、[Organization Settings (組織の設定)] に移動します。

    コンテキスト

  2. 環境変数を関連付けるコンテキストを選択するか、[Create Context (コンテキストを作成)] ボタンをクリックして新しいコンテキストを作成します。
  3. [Add Environment Variable (環境変数を追加)] をクリックし、名前と値を入力します。
  4. 以下のように .circleci/config.yml ファイルで、workflows キーの下にコンテキストを追加してから、新しい環境変数を使用します。
version: 2.1

workflows:
  test-env-vars:
    jobs:
      - build:
          context: my_context_name # MY_ENV_VAR という名前の環境変数を持つ

jobs:
  build:
    docker:
      - image: cimg/base:2021.11
        auth:
          username: mydockerhub-user
          password: $DOCKERHUB_PASSWORD  # コンテキスト/プロジェクト UI 環境変数を参照します。
    steps:
      - checkout
      - run:
          name: "コンテキストに含まれる環境変数を出力"
          command: |
            echo $MY_ENV_VAR

コンテキストを作成すると、複数のプロジェクト間で環境変数を共有すると共に、アクセス可能なユーザーを制御できるようになります。 詳細については、 コンテキストに関するドキュメントを参照してください。

プロジェクトでの環境変数の設定

  1. CircleCI Web アプリで、プロジェクトの設定に移動します。 以下の 2 つの方法があります。: サイドナビゲーションのProjects に移動し、プロジェクトの行の省略符号ボタンをクリックするか、プロジェクトの各Pipelines のページの Project Settings ボタンをクリックします。

    環境変数

  2. サイドナビゲーションの Environment Variables をクリックします。
  3. Add Variable をクリックして新しい環境変数の名前と値を入力します。
  4. 以下のように .circleci/config.yml で、新しい環境変数を使用します。
version: 2.1

workflows:
  test-env-vars:
    jobs:
      - build

jobs:
  build:
    docker:
      - image: cimg/base:2021.11
        auth:
          username: mydockerhub-user
          password: $DOCKERHUB_PASSWORD  # コンテキスト/プロジェクト UI 環境変数の参照
    steps:
      - checkout
      - run:
          name: "プロジェクトに含まれる環境変数を出力"
          command: |
            echo $MY_ENV_VAR # この環境変数はプロジェクト内で設定が必要

作成された環境変数は、アプリケーションに表示されず、編集することはできません。 環境変数を変更するには、削除して作成し直すしかありません。

コンテナでの環境変数の設定

環境変数は Docker コンテナにも設定することができます。 設定するには、 environment キーを使用します。

注:この方法で設定する環境変数は、コンテナ内で実行されるステップでは使用できません。 これらを使用できるのは、コンテナによって実行されるエントリポイントとコマンドのみです。 CircleCI のデフォルトでは、ジョブのプライマリ コンテナのエントリポイントは無視されます。 プライマリコンテナの環境変数を利用可能にするには、エントリポイントを保持する必要があります。 詳細については、 カスタム ビルドの Docker イメージの使用ページの_エントリポイントの追加_セクションを参照してください。

version: 2.1

jobs:
  build:
    docker:

      - image: <image>:<tag>
        auth:
          username: mydockerhub-user
          password: $DOCKERHUB_PASSWORD  # コンテキスト/プロジェクト UI 環境変数の参照
        # 環境変数は Docker コンテナによって実行されるエントリポイント/コマンドに使用可能
        environment:
          MY_ENV_VAR_1: my-value-1
          MY_ENV_VAR_2: my-value-2

以下に、プライマリ コンテナ イメージ (最初にリストされたイメージ) とセカンダリ サービス コンテナ イメージに別々の環境変数を設定する例を示します。

**注: **: ハードコードされた環境変数は、セカンダリコンテナまたはサービスコンテナに正しく渡されますが、コンテキストやプロジェクト固有の環境変数は、プライマリコンテナ以外のコンテナには挿入されません。

version: 2.1

jobs:
  build:
    docker:

      - image: <image>:<tag>
        auth:
          username: mydockerhub-user
          password: $DOCKERHUB_PASSWORD  # コンテキスト/プロジェクト UI 環境変数の参照
        environment:
          MY_ENV_VAR_1: my-value-1
          MY_ENV_VAR_2: my-value-2
      - image: <image>:<tag>
        auth:
          username: mydockerhub-user
          password: $DOCKERHUB_PASSWORD  # コンテキスト/プロジェクト UI 環境変数の参照
        environment:
          MY_ENV_VAR_3: my-value-3
          MY_ENV_VAR_4: my-value-4

複数行にわたる環境変数のエンコード

複数行の環境変数を追加する際に問題が発生した場合は、base64 を使用してエンコードします。

$ echo "foobar" | base64 --wrap=0
Zm9vYmFyCg==

結果の値を CircleCI 環境変数に格納します。

$ echo $MYVAR
Zm9vYmFyCg==

その変数を使用するコマンド内で変数をデコードします。

$ echo $MYVAR | base64 --decode | docker login -u my_docker_user --password-stdin
Login Succeeded

注: すべてのコマンドラインプログラムが docker と同じ方法で認証情報を受け取るわけではありません。

API v2 を使用した環境変数の挿入

CircleCI API v2 を使用すると、パイプライン パラメーターから変数を渡すことができます。

パイプラインをトリガーする API v2 エンドポイントを使用すると、特定のパラメーターの値でパイプラインをトリガーすることができます。 これを実行するには、POST 本体の JSON パケット内で parameters キーを渡します。

下の例では、上記の設定ファイルの例で説明したパラメーターを使用して、パイプラインをトリガーしています (メモ: API からパイプラインをトリガーするときにパラメーターを渡すには、設定ファイルでパラメーターを宣言している必要があります)。

curl -u ${CIRCLECI_TOKEN}: -X POST --header "Content-Type: application/json" -d '{
  "parameters": {
    "workingdir": "./myspecialdir",
    "image-tag": "4.8.2"
  }
}' https://circleci.com/api/v2/project/:project_slug/pipeline

重要: パイプラインパラメーターは機密データとして扱われないため、機密の値 (シークレット) には使用しないでください。 シークレットは、 プロジェクト設定ページ コンテキスト ページで確認できます。

詳細については、 パイプラインの値とパラメーターのガイドを参照してください。

API v1 を使用した環境変数の挿入

ビルドパラメータは環境変数からなります。そのため、その環境変数名は下記の条件を満たしている必要があります。

  • 使用できるのは ASCII 文字、数字、アンダースコア文字のみです
  • 先頭に数字を使用することはできません
  • 少なくとも 1 文字を含む必要があります

環境変数における通常の制約の他に、変数値自体に注意すべきところはありません。単純な文字列として扱われるところも変わりありません。 ビルド パラメーターがロードされる順序は保証されないため、ビルド パラメーターに値を挿入して別のビルド パラメーターに渡すことは避けてください。 順不同の独立した環境変数リストとしてビルドパラメータを設定するのがおすすめです。

重要: ビルド パラメーターは機密データとして扱われないため、機密の値 (シークレット) には使用しないでください。 シークレットは、 プロジェクト設定ページ コンテキスト ページで確認できます。

たとえば、以下のパラメーターを渡すとします。

{
  "build_parameters": {
    "foo": "bar",
    "baz": 5,
    "qux": {"quux": 1},
    "list": ["a", "list", "of", "strings"]
  }
}

ビルド時には下記のような環境変数となります。

export foo="bar"
export baz="5"
export qux="{\"quux\": 1}"
export list="[\"a\", \"list\", \"of\", \"strings\"]"

ビルドパラメータは各ジョブのコンテナ内で環境変数としてエクスポートされ、config.yml のスクリプトやプログラム、コマンドで使われることになります。 代入された環境変数はジョブ内のステップの実行内容を変えるのに使われることもあります。 ここで念頭に置いておかなければいけないのは、代入された環境変数は config.yml で定義されたものでも、プロジェクトの設定で定義されたものでも、上書きできないことです。

連続的に異なるターゲット OS で機能テストを行うのに、build_parameters キーに環境変数を代入したくなるかもしれません。 例えば、複数の異なるホストに対して機能テストが必要なステージング環境へのデプロイを実行するような場合です。 下記の例のように、bashcurl を組み合わせ (開発言語にあらかじめ用意されている HTTP ライブラリを使ってもかまいません)、Content-type: application/json として JSON フォーマットでデータ送信する形で build_parameters を含ませることが可能です。

{
  "build_parameters": {
    "param1": "value1",
    "param2": 500
  }
}

curl の場合は下記のようにします。

curl \
  --header "Content-Type: application/json" \
  --header "Circle-Token: $CIRCLE_TOKEN" \
  --data '{"build_parameters": {"param1": "value1", "param2": 500}}' \
  --request POST \
  https://circleci.com/api/v1.1/project/github/circleci/mongofinil/tree/master

ここで使われている $CIRCLE_TOKEN パーソナル API トークンです。

ビルド時には下記のような環境変数となります。

export param1="value1"
export param2="500"

POST API 呼び出しを使用して実行を開始します。 詳細については、API ドキュメントで 新しいビルドのセクションを参照してください。 パラメータなしで POST リクエストした場合は名前付きブランチが新規で実行されます。

定義済み環境変数

定義済みの環境変数はジョブごとにエクスポートされ、より複雑なテストやデプロイの実行に使用されます。

変数タイプ
CIブール値型true (現在の環境が CI 環境かどうかを表します)
CIRCLECIブール値型true (現在の環境が CircleCI 環境かどうかを表します)。
CIRCLE_BRANCH文字列型現在ビルド中の Git ブランチの名前。
CIRCLE_BUILD_NUM整数型現在のジョブの番号。 この番号はジョブごとに一意です。
CIRCLE_BUILD_URL文字列型CircleCI での現在のジョブの URL
CIRCLE_JOB文字列型現在のジョブの名前。
CIRCLE_NODE_INDEX整数型(並列実行を有効化してジョブを実行する場合) 並列実行の現在のインデックスです。 0 から “CIRCLE_NODE_TOTAL - 1” までの値を取ります。
CIRCLE_NODE_TOTAL整数型(並列実行を有効化してジョブを実行する場合) 並列実行の総数です。 設定ファイルの parallelism の値と等しくなります。
CIRCLE_OIDC_TOKEN文字列型CircleCI が署名した OpenID Connect トークン。現在のジョブの詳細情報を含みます。 コンテキストを使用しているジョブで使用可能です。
CIRCLE_PR_NUMBER整数型関連付けられた GitHub または Bitbucket プル リクエストの番号。 フォークしたプルリクエストのみで使用可能です。
CIRCLE_PR_REPONAME文字列型プル リクエストが作成された GitHub または Bitbucket リポジトリの名前。 フォークしたプルリクエストのみで使用可能です。
CIRCLE_PR_USERNAME文字列型プル リクエストを作成したユーザーの GitHub または Bitbucket ユーザー名。 フォークしたプルリクエストのみで使用可能です。
CIRCLE_PREVIOUS_BUILD_NUM整数型任意のブランチで現在のジョブ番号よりも小さい最大のジョブ番号です。 : 変数は常に設定されるわけではなく、決定論的ではありません。 ランナー Executor には設定されません。 この変数は廃止予定であり、使用を避けることをお勧めします。
CIRCLE_PROJECT_REPONAME文字列型現在のプロジェクトのリポジトリの名前。
CIRCLE_PROJECT_USERNAME文字列型現在のプロジェクトの GitHub または Bitbucket ユーザー名。
CIRCLE_PULL_REQUEST文字列型関連付けられたプル リクエストの URL。 ひも付けられたプルリクエストが複数ある時は、そのうちの 1 つがランダムで選ばれます。
CIRCLE_PULL_REQUESTSリスト現在のビルドに関連付けられたプル リクエストの URL の一覧 (カンマ区切り)。
CIRCLE_REPOSITORY_URL文字列型GitHub または Bitbucket リポジトリ URL。
CIRCLE_SHA1文字列型現在のビルドの前回のコミットの SHA1 ハッシュ。
CIRCLE_TAG文字列型git タグの名前 (現在のビルドがタグ付けされている場合)。 詳しくは Git タグを使ったジョブの実行を参照してください。
CIRCLE_USERNAME文字列型パイプラインをトリガーしたユーザーの GitHub または Bitbucket ユーザー名 (そのユーザーが CircleCI のアカウントを持っている場合のみ)
CIRCLE_WORKFLOW_ID文字列型現在のジョブのワークフロー インスタンスの一意の識別子。 この ID は Workflow インスタンス内のすべてのジョブで同一となります。
CIRCLE_WORKFLOW_JOB_ID文字列型現在のジョブの一意の識別子。
CIRCLE_WORKFLOW_WORKSPACE_ID文字列型現在のジョブの ワークスペースの識別子。 この識別子は、特定のワークスペース内のすべてのジョブで同じです。
CIRCLE_WORKING_DIRECTORY文字列型現在のジョブの working_directory キーの値。
CIRCLE_INTERNAL_TASK_DATA文字列型内部用。 ジョブ関連の内部データが格納されるディレクトリ。 データ スキーマは変更される可能性があるため、このディレクトリのコンテンツは文書化されていません。

値や定義済みのデータの全リストは、 プロジェクトの値と変数に関するガイドを参照して下さい。

関連項目

コンテキスト ブログ記事「 Keep environment variables private with secret masking (シークレットのマスキングによって環境変数を非公開に保つ)


ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、 GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

サポートが必要ですか

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。

または、 サポートサイト から、サポート記事やコミュニティフォーラム、トレーニングリソースをご覧いただけます。