Start Building for Free
CircleCI.comアカデミーブログコミュニティサポート

JVM ヒープサイズの設定

5 months ago1 min read
Server v2.x
サーバー管理者
このページの内容
  • 設定
  • 変更後の検証

以下のコンテナには JVM ヒープサイズを設定することができます (frontendtest-resultsoutput-processingcontexts-service)。 `「Terminating due to java.lang.OutOfMemoryError: Java heap space」`などの「メモリ不足」エラーが表示された場合は、ヒープサイズを増やすことを検討してください。

設定

各コンテナの JVM_HEAP_SIZE の値を設定するには、まずサービスマシン上で customizaitions ファイルを作成する必要があります。

  1. 以下のように customizations ファイルを作成します。

    /etc/circleconfig/frontend/customizations
    /etc/circleconfig/test-results/customizations
    /etc/circleconfig/output-processor/customizations
    /etc/circleconfig/contexts-service/customizations
  2. 各 customizations ファイルで、次の行を追加して、ご希望の JVM ヒープサイズをエクスポートします。

    export JVM_HEAP_SIZE=2g
  3. 管理コンソールダッシュボードから CircleCI アプリケーションを終了して再起動します(例: your-circleci-hostname.com:8800 )。

変更後の検証

正常に再起動したら、コンテナごとに次の REPL コマンドを実行することにより、設定値が正しく適用されているかを確認できます。

  • frontend

    sudo docker exec -it frontend lein repl :connect 6005
  • test-results

    sudo docker exec -it test-results lein repl :connect 2719
  • output-processor

    sudo docker exec -it picard-output-processor lein repl :connect 6007

すると、以下の出力が表示されます。

(System/getenv "JVM_HEAP_SIZE") ;; 上記で設定した値が返されます
(-> (java.lang.Runtime/getRuntime) (.maxMemory)) ;; return value should match with JVM_HEAP_SIZE

ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、 GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

サポートが必要ですか

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。

または、 サポートサイト から、サポート記事やコミュニティフォーラム、トレーニングリソースをご覧いただけます。