ドキュメント
circleci.com
Start Building for Free

Updating Replicated

1 month ago1 min read
Server v2.x
Server Admin
On This Page
  • 前提条件
  • 準備
  • 更新の実行

To update your CircleCI server installation, see our Upgrade Guide. This guide only runs through the steps required to update Replicated, not the CircleCI application.

前提条件

  • Ubuntu 14.04 または 16.04 ベースの環境を使用していること

  • お使いの環境が孤立して*おらず*、インターネットにアクセスできること.

  • ここでは Replicated v2.38 への更新を行いますが、その前に Services マシンで v2.10.3 以上が実行されていることを確認する必要があります。 これを行うには、Services マシンに SSH で接続し、次のコマンドを実行します。

    replicated --version

    If you are running a version of Replicated pre 2.10.3 please reach out to support@circleci.com.

準備

  1. ダッシュボードの [Stop Now (今すぐ停止)] ボタンをクリックして、CircleCI アプリケーションを停止させます。 アプリケーションのシャットダウンには数分かかります。 ステータスが [Stopped (停止)] になってから次の手順に進んでください。

    Stop the CircleCI Application
    Figure 1. CircleCI アプリケーションの停止

    Alternatively you can SSH into the services machine and stop the CircleCI application from the command line:

    replicatedctl app stop

    ステータスは、次のコマンドを実行して確認できます。

    replicatedctl app status inspect

    以下のように出力されます。

    [
        {
            "AppID": "edd9471be0bc4ea04dfca94718ddf621",
            "Sequence": 2439,
            "State": "stopped",
            "DesiredState": "stopped",
            "Error": "",
            "IsCancellable": false,
            "IsTransitioning": false,
            "LastModifiedAt": "2018-10-23T22:00:21.314987894Z"
        }
    ]
  2. Replicated の更新を完了するには、Docker が推奨バージョンの 17.12.1 である必要があります。 docker version を実行して実行中のバージョンを確認します。 更新が必要な場合は、以下のコマンドを実行します。

    sudo apt-get install docker-ce=17.12.1~ce-0~ubuntu
  3. 以下のコマンドを使用して Docker のバージョンを固定します。

    sudo apt-mark hold docker-ce

更新の実行

  1. 以下のように更新スクリプトを実行して、Replicated の更新を実行します。

    curl -sSL "https://get.replicated.com/docker?replicated_tag=2.38.6" | sudo bash

    Replicated と Docker の両方のバージョンをチェックしてください。

    replicatedctl version    # 2.38.6
    docker -v                # 17.12.1
  2. 以下のコマンドでアプリケーションを再起動します。

    replicatedctl app start

    アプリケーションのスピンアップには数分かかります。 以下のコマンドを実行するか、管理ダッシュボードにアクセスして進行状況を確認できます。

    replicatedctl app status inspect

    以下のように出力されます。

    [
        {
            "AppID": "edd9471be0bc4ea04dfca94718ddf621",
            "Sequence": 2439,
            "State": "started",
            "DesiredState": "started",
            "Error": "",
            "IsCancellable": true,
            "IsTransitioning": true,
            "LastModifiedAt": "2018-10-23T22:04:05.00374451Z"
        }
    ]

ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、 GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

サポートが必要ですか

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。

または、 サポートサイト から、サポート記事やコミュニティフォーラム、トレーニングリソースをご覧いただけます。