CircleCI では、お客様がそれぞれに抱えるニーズを最大限にサポートすべく、各種クラウド サービスとのインテグレーションを容易にするソリューションを提供しています。今回、Google Cloud Platform (GCP) を使用しているお客様のために、エンドツーエンドのテストを完全にサポートするインテグレーション スイートをリリースしました。これらのインテグレーションの設計にあたっては、スピード、柔軟性、セキュリティ、スケーラビリティを考慮し、さまざまなユース ケースに対応できるようにしました。

これから Google Cloud を導入される場合には、CircleCI が提供する設定不要のインテグレーションを使用することで、競合ソリューションよりも短時間でスピンアップできます。CircleCI ではこうしたインテグレーションを「Orb」と呼んでおり、 Google Cloud Platform 向けの Orb を使用すれば、設定ファイルに数行のコードを追加するだけで、Google Cloud コマンドライン インターフェイス (CLI) のインストールと構成、Google Kubernetes Engine へのデプロイメント、Google Container Registry へのイメージの保存などを簡単に行うことができます。

複雑なユース ケースでは、新しいツールとの連携に時間を費やす必要があるため、開発者ができることが制限される場合があります。特に、Google Cloud Run などの新しいアーキテクチャの場合は、デプロイメントを自動化するために高度なインテグレーションを開発する必要があります。しかし、Orbs を使用すれば、複雑なインフラストラクチャに対処することなく、最も重要な作業に集中できます。たとえば、Google Cloud Run などのツールを完全にサポートしたサーバーレス モデルを実現したり、CI/CD パイプラインに Google Binary Authorization などの最新テクノロジーを簡単に接続したりできます。

GCP サービスと CI/CD パイプラインを連携させるには、以下の最新の GCP Orbs をご利用ください。

Google Cloud Platform 向けの Orbs

Google Cloud CLI
Google Cloud CLI (gcloud) をインストールして構成します。

Google Cloud GKE
クラスタの作成、Docker イメージのビルドとパブリッシュ、Google Kubernetes Engine (GKE) クラスタへのイメージのロールアウトを行います。

Google Cloud GCR
Google Container Registry (GCR) でイメージを作成、プッシュ、タグ付けします。

Google Cloud Run
ステートレス イメージをビルドして、Google Cloud Run にサーバーレス アプリケーションとしてデプロイします。

GCP Binary Authorization
デプロイメント用にコンテナ イメージの署名や認証を行うために、Google の Binary Authorization サービスを構成します。

皆さんへのお願い

皆さんが GCP で実行したい作業が Orb でサポートされていない場合は、既存の Orb に機能を追加していただくことができます。Orbs はオープンソースであるため、PR の承認を受けてマージするだけです。公開中の Orbs の一覧は、Orbs レジストリでご確認いただけます。現在の GCP Orbs とは大きく異なるユース ケースに携わっている方がいらっしゃいましたら、ぜひ独自の Orbs を作成し、コミュニティに公開していただけると幸いです。CircleCI では、Orbs を自動的にビルド、テスト、デプロイするためのパイプライン作成に関するベスト プラクティス も公開していますので (パート 1パート 2、ご参考になさってください。

GCP Orbs を CircleCI でのビルドにぜひご活用ください。