Linux 向け CircleCI: どんなジョブも
新しい Ubuntu 仮想マシンで実行


CircleCI では、Docker のバージョンごとに事前に仮想マシン (VM) を設定し、一般的なツール群を
インストールして提供しています。また、C++、JavaScript、.NET、PHP、Python、Android、Ruby
など、Linux 上でのビルドに使用可能なあらゆる言語をサポートしています

プロビジョニング済みの VM を毎回新しく使用


ジョブごとに新しい環境を使用できるので、VM の起動処理に時間を割く必要はありません。VM の内容をキャッシュし、別のジョブで再利用することも可能です。

Docker CLI を完全サポート


必要に応じて VM 内で `docker` コマンドを実行し、ジョブの一環としてイメージをビルドしプッシュすることができます。

Android アプリ開発に対応した CI


Android アプリの開発にも対応しています。最初からバグのないアプリをリリースし、星 1 つのレビューをなくしましょう。詳しくはこちら


Linux 仮想マシンの自動プロビジョニングにより
環境をカスタマイズ

もう Docker in Docker の制約で苦労することはありません。いつでも Linux のフル仮想マシンでジョブを実行できます。CircleCI の Linux 仮想マシンは、実行したいジョブ専用に自動的にプロビジョニング
され、ほんの 1 行の設定で他の Docker ジョブに簡単に統合できます。以下の設定例をご覧ください。

Docker 内から利用できないシステム リソースにアクセスしたい場合には、フル仮想マシンでジョブを実行できます。
Docker の制約が障壁となる場合には、Docker 内でフル仮想マシンを実行することが可能です。

        version: 2
jobs:
  build:
    machine: true
    steps:
      - checkout
      - run: docker login -u $DOCKER_USER -p $DOCKER_PASS
      - run: docker build -t orgname/image:tag .
      - run: docker push orgname/image:tag
      

ジョブを任意の Docker イメージで実行することも、Linux のフル仮想マシンを使用することも可能です。
また、Docker ジョブ内からクリーンな Linux 仮想マシンに接続することで、両者を組み合わせることもできます。

        version: 2
jobs:
  build:
    machine: true
    steps:
      - checkout
      - run: docker-compose build
      - run: docker-compose up -d
      
close

Thank You for Submitting Your Info


You should receive an automated response notifying you that we received your info. Someone from our Enterprise team will be reaching out to you shortly.


CircleCI Success Logo