全ての更新履歴を見る

リリース 4.1.1

アップグレードの前に

CircleCI Server 4.1 リリースノートで、今回のリリースのアップグレードに関する注意事項をご確認ください。

CircleCI Server v3.x からアップグレードする場合は、本バージョンの前に v4.0 をインストールする必要があります。

バージョン 4.1.1 の What’s New

変更点

  • CircleCI 設定ファイルの checkout ステップについて、~/.ssh/known_hosts に GitHub のホストキーを追加しました。 また、GitHub の RSA SSH キーの変更にあわせて、追加済みのホストキーを更新しました。 GitHub.com を利用しているお客様は、インストール済みの CircleCI Server のプロジェクトで更新前のホストキーをハードコーディングしている場合、それらのキーを更新する必要があります。

既知の問題

  • Vault の稼働時間が 1 か月を超えると、クライアントトークンが更新されなくなる場合があります。
  • Machine Executor を使用する場合に SSH 接続でジョブを再実行しようとすると、プライベート IP アドレスがアドバタイズされます。 このため、Machine Executor を使用するジョブの SSH での再試行は、パブリック環境では標準どおりの動作になりますが、プライベート環境では、 VPC に VPN 接続するなどして、アドバタイズされたプライベート IP にアクセスできるようにする必要があります。
  • CircleCI 1.0 のビルドはサポートされません。 CircleCI 1.0 のビルドを実行した場合、ビルドが実行されないうえ、アプリ画面上でエラーなどが表示されません。 お使いの環境でビルドを実行しても、アプリ画面にビルドが表示されない場合は、CircleCI 1.0 の設定ファイルを用いている可能性があるため、CircleCI CLI を使用して問題の原因を調査することをおすすめします。

Server 4.1 のインストール、移行、運用についての詳細は、CircleCI ドキュメントをご覧ください。

以前の更新履歴を見る

緊急連絡先の登録