iOS プロジェクトのチュートリアル

以下のセクションに沿って、CircleCI を使用して iOS アプリケーション プロジェクトのビルド、テスト、デプロイを自動化する方法について説明していきます。

メモ:macOS 上の iOS アプリケーションのテスト」や「iOS プロジェクトのチュートリアル」も併せてご覧ください。

概要

iOS プロジェクトでは、fastlane Scan を使用して以下のようにテストを実行できます。

前提条件

サポートされるバージョンの一覧は、iOS アプリのテストに関するドキュメントの「サポートされている Xcode のバージョン」セクションで確認してください。

  • CircleCI にプロジェクトを追加します。 詳細については「Hello World」を参照してください。
  • このチュートリアルは、対象のプロジェクト用の Xcode ワークスペースに少なくとも 1 つの共有スキームがあり、選択されたスキームにテスト アクションがあることを前提としています。 まだ共有スキームがない場合は、以下の手順に従って Xcode に共有スキームを追加してください。
  1. プロジェクトの Xcode ワークスペースを開きます。
  2. 下図のように、Scheme Selector を使用してスキームの管理ダイアログ ボックスを開きます。Xcode Scheme Selector
  3. スキームの管理ダイアログで、ビルドするスキームを選択し、[Shared (共有)] チェックボックスをオンにします。スキームの管理ダイアログ
  4. スキームをコミットし、プッシュします。

テストの実行

たとえば Homebrew から依存関係をインストールする場合は、run ステップを使用して適切なコマンドを指定します。

以下の短い run 構文例のように、run ステップを使用してテストを実行することもできます。

jobs:
  build-and-test:
    macos:
      xcode: "9.3.0"
    steps:
      ...
      - run:
          name: テストの実行
          command: fastlane scan
          environment:
            SCAN_DEVICE: iPhone 6
            SCAN_SCHEME: WebTests

詳細については「iOS プロジェクトのコード署名の設定」を参照してください。

コード署名と証明書

fastlanegymdeliver を使用して CircleCI でアプリケーションをデプロイするには、識別子、リリースを実行するブランチまたはパターン、および複数のコマンドを指定してリリースを実行します。

iOS プロジェクトの高度な構成の詳細については、macOS 上の iOS アプリケーションのテストに関するドキュメントを参照してください。

CircleCI 2.0 で fastlane を使用して iOS プロジェクトをビルド、テスト、および署名する例については、circleci-demo-ios の GitHub リポジトリ を参照してください。

依存関係のインストール

To install dependencies from homebrew, for example, use a run step with the appropriate command:

    steps:

      - run:
          name: Homebrew 依存関係のインストール
          command: brew install yarn

      - run:
          name: Node 依存関係のインストール
          command: yarn install

テストの実行

The run step is also used to run your tests as in the following example of the short form run syntax:

    steps:

      - run: fastlane scan

デプロイ

To deploy your application with CircleCI using Gym and Deliver from Fastlane specify an identifier, a branch or pattern that the release should run on, and a set of commands to run the release.

version: 2
jobs:
  test:
    macos:
      xcode: "9.3.0"
    steps:

      - checkout
      - run: fastlane scan
  deploy:
    macos:
      xcode: "9.3.0"
    steps:

      - checkout
      - deploy:
          name: デプロイ
          command: fastlane release_appstore

workflows:
  version: 2
  test_release:
    jobs:

      - test
      - deploy:
          requires:
            test
          filters:
            branches:
              only: release

高度な構成

See the Testing iOS Applications on macOS document for more advanced details on configuring iOS projects.

GitHub 上のサンプル アプリケーション

アプリケーションで xcodebuild を使用するジョブとステップを記述する方法、CircleCI 環境でコード署名とプロビジョニング プロファイルをセットアップする方法、および fastlane を使用してデプロイする方法について、順番に説明していきます。



Help make this document better

This guide, as well as the rest of our docs, are open-source and available on GitHub. We welcome your contributions.