Start Building for Free
CircleCI.comアカデミーブログコミュニティサポート

CircleCI での macOS アプリケーションの設定

1 week ago1 min read
クラウド
このページの内容

CircleCI の macOS 実行環境で CI/CD を開始する方法について説明します。 CircleCI の基本事項について学びたい場合は、 入門ガイドを参照してください。 また、 iOS プロジェクトのテストと設定も併せてご覧ください。

前提条件

作業を行う前に、以下を準備しておく必要があります。

  • CircleCI の アカウント
  • Xcode がインストールされた Apple コンピューター (サンプル プロジェクトを開く場合)

macOS Executor の概要

macOS 実行環境は iOS と macOS の開発用に提供されるもので、これを使用して macOS および iOS アプリケーションのテスト、ビルド、デプロイを CircleCI 上で行えます。 macOS Executor は、macOS 環境でジョブを実行し、iPhone、iPad、Apple Watch、および Apple TV の各シミュレーターへのアクセスを提供します。

macOS Executor をセットアップする前に、サンプルアプリをセットアップする必要があります。

サンプルアプリ

このサンプルアプリは、シンプルな mac アプリです。 このアプリでは、5 分間のタイマーが実行され、単体テストが 1 つ含まれています。 実際のアプリはこれよりはるかに複雑です。 このアプリは単に mac OS 実行環境について説明するためのものです。

このサンプルアプリでは、CircleCI は以下を実現するように設定されています。

  • リポジトリに変更をプッシュすると、常に mac OS の仮想マシンで XCode を使ってテストを実行する
  • テストが正常に完了した後、コンパイルされたアプリをアーティファクトとして作成してアップロードする

このサンプルアプリのリポジトリは GitHub にチェックアウトできます。

下記のサンプル設定ファイルのコードを実行しテストする場合は、GitHub からサンプルアプリをフォークまたは複製する必要があるのでご注意ください。 このサンプル設定ファイルが、すべての Xcode プロジェクトで動作するとは限りません。

サンプル設定ファイル

このアプリでは、外部ツールや依存関係が使用されていないため、.circleci/config.yml ファイルの内容はきわめて単純です。 各ステップの内容についてコメントを付けて説明しています。

サポートされている Xcode のバージョンの全リストは、 macOS の使用のページでご確認ください。

version: 2.1

jobs: # a basic unit of work in a run
  test: # your job name
    macos:
      xcode: 14.1.0 # indicate our selected version of Xcode
    steps: # a series of commands to run
      - checkout  # pull down code from your version control system.
      - run:
          name: Run Unit Tests
          command: xcodebuild test -scheme circleci-demo-macos

  build: 
    macos:
      xcode: 14.1.0 # indicate our selected version of Xcode
    steps: 
      - checkout
      - run:
          # build our application
          name: Build Application
          command: xcodebuild
      - run:
          # compress Xcode's build output so that it can be stored as an artifact
          name: Compress app for storage
          command: zip -r app.zip build/Release/circleci-demo-macos.app
      - store_artifacts: # store this build output. Read more: https://circleci.com/docs/2.0/artifacts/
          path: app.zip
          destination: app

workflows:
  test_build:
    jobs:
      - test
      - build:
          requires:
            - test

上記の例の .circleci/config.yml には以下が含まれています。

  • executor の指定
  • checkout キーによるコードのプル
  • Xcode でのテストの実行
  • アプリのビルド
  • アプリの圧縮と store_artifacts キーによる保存

.circleci/config.yml ファイルの詳細については、 設定ファイルのリファレンスを参照してください。

次のステップ

macOS Executor は iOS アプリのテストとビルドに広く使用されていますが、継続的インテグレーションの設定が複雑になる可能性があります。 iOS アプリのビルドやテストについて詳しく知りたい場合は、以下のドキュメントをご覧ください。


ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、 GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

サポートが必要ですか

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。

または、 サポートサイト から、サポート記事やコミュニティフォーラム、トレーニングリソースをご覧いただけます。