Start Building for Free
CircleCI.comアカデミーブログコミュニティサポート

コンテナランナーのインストール (Kubernetes)

4 weeks ago1 min read
クラウド
Server v4.x
Server v3.x
このページの内容

このページでは、CircleCI コンテナランナーのインストール手順を説明します。

インストール手順

  1. helm repo add container-agent https://packagecloud.io/circleci/container-agent/helm を実行してコンテナランナーの Helm リポジトリを追加します。

  2. helm repo update を実行します。

  3. kubectl create namespace circleci を実行し、 circleci Kubernetes 名前空間を作成します。

  4. values.yaml ファイルという以下を含むファイルを作成します。

    agent:
      resourceClasses:
        namespace/my-rc:
          token: <resource_class_token>
  5. helm install container-agent container-agent/container-agent -n circleci -f values.yaml を実行します。

コンテナランナーの設定例

クラスタにコンテナランナーをインストールしたら、Docker Executor を使ってインストールを検証する CircleCI ジョブを作成し、トリガーします。 セルフホストランナーを使って実行する特定のジョブについて、以下のフィールドを設定する必要があります。

  • image:

  • resource_class: <namespace>/<resource-class>

ジョブのセットアップの簡単な例 (cimg/base:2021.11 は、よく使用される CircleCI の Docker イメージです):

version: 2.1

jobs:
  build:
    docker:
      - image: cimg/base:2021.11
    resource_class: <namespace>/<resource-class>
    steps:
      - checkout
      - run: echo "Hi I'm on Runners!"

workflows:
  build-workflow:
    jobs:
      - build

トラブルシューティング

セルフホストランナーのトラブルシューティングガイドの コンテナランナーのトラブルシューティングのセクション を参照してください。


ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、 GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

サポートが必要ですか

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。

または、 サポートサイト から、サポート記事やコミュニティフォーラム、トレーニングリソースをご覧いただけます。