無料でビルドを開始
CircleCI.comアカデミーブログコミュニティサポート

コンテナランナーのインストール (Kubernetes)

8 months ago1 min read
クラウド
このページの内容

CircleCI のコンテナランナーをインストールする方法についてこのドキュメントでわかりやすく説明します。

前提条件

コンテナランナーをインストールしてジョブを実行するには、ルートアクセスおよび以下の設定とインストールが必要です。

セルフホストランナーの利用条件

1. ネームスペースとリソースクラスの作成

2. コンテナランナー インストール

  1. 以下のコマンドを実行して、コンテナランナー Helm のレポジトリを追加します:

    helm repo add container-agent https://packagecloud.io/circleci/container-agent/helm
  2. 次に以下を実行します:

    helm repo update
  3. 次に、以下のコマンドを実行し、circleci Kubernetes namespaceを作成します:

    kubectl create namespace circleci
  4. values.yaml ファイルという以下を含むファイルを作成します。

    agent:
      resourceClasses:
        namespace/my-rc:
          token: <resource_class_token>
  5. 最後に、以下のコマンドを実行します:

    helm install container-agent container-agent/container-agent -n circleci -f values.yaml

コンテナランナーの設定例

クラスタにコンテナランナーをインストールしたら、Docker Executor を使ってインストールを検証する CircleCI ジョブを作成し、トリガーします。 コンテナランナーを使って実行する特定のジョブについて、以下のフィールドを設定する必要があります。

  • image:

  • resource_class: <namespace>/<resource-class>

以下は、ジョブ設定のシンプルなコード例です (cimg/base:2021.11 は、よく使用される CircleCI の Docker イメージです)。

version: 2.1

jobs:
  build:
    docker:
      - image: cimg/base:2021.11
    resource_class: <namespace>/<resource-class>
    steps:
      - checkout
      - run: echo "Hi I'm on Runners!"

workflows:
  build-workflow:
    jobs:
      - build

トラブルシューティング

セルフホストランナーのトラブルシューティングガイドの コンテナランナーのトラブルシューティングのセクション を参照してください。


Suggest an edit to this page

Make a contribution
Learn how to contribute