Start Building for Free
CircleCI.comアカデミーブログコミュニティサポート

Azure Container Registry へのデプロイ

1 month ago1 min read
クラウド
Server v4.x
Server v3.x
Server v2.x

このページでは、CircleCI ACR Orb と version 2.1 の設定を使った Azure Container Registry (ACR) への簡単なデプロイについて説明します。

シークレットのマスキング を活用するには、環境変数は プロジェクトレベル で、または コンテキスト 内で設定することをお勧めします。

Azure ACR Orb とすべてのオプションの詳細については、 CircleCI ACR Orb のページを参照してください。

  1. ユーザーまたはサービスプリンシパルのログインが必要かどうかにかかわらず、CircleCI にユーザー名、パスワード、およびテナントの環境変数を指定する必要があります。 ユーザーログインの場合は、環境変数名、AZURE_USERNAMEAZURE_PASSWORDAZURE_TENANT を使用します。 サービスプリンシパルのログインの場合は、AZURE_SPAZURE_SP_PASSWORDAZURE_SP_TENANT を使用します。

  2. Orb の build-and-push-image ジョブを使ってイメージをビルドし、ACR にデプロイします。 現在のブランチが main である場合にのみ、ワークフローを使用してデプロイしてください。

    version: 2.1 # Use version 2.1 config to get access to orbs, pipelines
    
    orbs:
        azure-acr: circleci/azure-acr@x.y.z # Use the Azure ACR orb in your config
    
    workflows:
        build-deploy:
        jobs:
            - azure/build-and-push-image:
                dockerfile: <name-of-your-dockerfile> # defaults to `Dockerfile`
                path: <path-to-your-dockerfile> # Defaults to working directory
                login-server-name: <your-login-server-name> # e.g. {yourregistryname}.azure.io
                registry-name: <your-ACR-registry-name>
                repo: <URI-to-your-login-server-name>
                filters:
                branches:
                    only: main # Only deploys when the commit is on the Main branch

リポジトリにプッシュする必要がある場合は、 GitHub または Bitbucket の説明でデプロイキーに関するセクションをご確認ください。 次に、本番ブランチを使用するように Azure Web App を設定します。


ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、 GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

サポートが必要ですか

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。

または、 サポートサイト から、サポート記事やコミュニティフォーラム、トレーニングリソースをご覧いただけます。