Start Building for Free
CircleCI.comアカデミーブログコミュニティサポート

Ubuntu 14.04 から Ubuntu 20.04 への移行

1 month ago1 min read
クラウド
このページの内容

サポートされているイメージへの移行

提供が終了するイメージから現在サポートされているイメージへの移行は簡単に行えます。 新しいイメージを使ってパイプラインを実行するために必要な作業は、プロジェクトに 下記の変更が適用されるかどうかによって異なります。 Ubuntu 14.04 イメージと 20.04 イメージを使った場合のそれぞれの例を紹介します。

上記の真ん中の例は、デフォルトイメージを使った例です。設定ファイルで machine: true を使用した場合に指定されます。 これは Ubuntu 14.04 イメージであり、提供が終了します。 サポートされているイメージ (およびタグ) は、 Developer Hubでお探しください。

注: このガイドは、弊社やお客様の移行エクスペリエンスの共有によって得られた追加情報とヒントが随時記載され更新されます。

変更点

Ubuntu 14.04 と 20.04 では変更点が多く、移行する前に把握しておく必要があります。 変更の多くは Canonical 社 (Ubuntu を提供) によるものですが、 CircleCI でもプリインストールしたソフトウェアへの変更を行なっています。 それぞれの変更点を見ていきましょう。

Ubuntu の変更点

  • カーネル: Linux カーネルは v4.4 から v5.11 にバージョンアップしました。
  • Python : Python v2 は Ubuntu からデフォルトでインストールされなくなりました。 CircleCI では現在もインストールし、バージョン管理は Pyenv 経由で行なっています。
  • OpenSSH : OpenSSH は v8.2 にアップデートされています。 この新しいバージョンは、 GitHub のサポート終了による影響は受けません。
    • Ubuntu では 1024 ビット未満の RSA キーは使用できなくなりました。
  • GNU Toolchain
    • glibc は v2.31 にアップデートされています。
    • binutils は v2.26 にアップデートされています。
    • GCC は v9.3 にアップデートされています。
  • Apt は v1.2 にアップデートされています。
  • Nginx は v1.18 にアップデートされています。
  • nginx-core はデフォルトでレガシー geoip モジュールが有効になっている状態でリリースされなくなりました。
  • Apache は TLSv1.3 をサポートするようにビルドされています。
  • Apache はバージョン 2.4.29 にアップデートされています。 また、HTTP/2 のサポートも有効化されました。
  • LXD は v3.0 にアップデートされています。
  • PHP は v7.4 にアップデートされています。
  • Perl 5.30
  • MySQL は v5.7 にアップデートされています。
  • Snap & Snapcraft : Snap パッケージの実行とビルドに対応しています。
  • Java : 現在のデフォルトは OpenJDK v11 ですが、CircleCI にはより多くのバージョンがプリインストールされています。
  • OpenSSL は v1.1.0 から v1.1.1 にアップデートされ、TLS v1.3 が有効化されました。
  • netplan は IPv6 のプライバシー拡張機能をサポートしています。
  • netplan によりブリッジ用の IP を持たないデバイスを起動できます。
  • デフォルトの DNS リゾルバは、systemd-resolved です。
  • Bind 9.16
  • SysV. から SystemD に移行します。
  • gnupg2 より gpg バイナリが提供されます。
  • nipd から Chrony v3.5 に移行します。
  • Wireguard VPN をサポート
  • rustc 1.41
  • HAProxy 2.0
  • PostgreSQL 12

CircleCI ソフトウェアの変更点

ソフトウェアUbuntu 14.04 (デフォルト)Ubuntu 20.04 ( 2022年 1月 Q1)
AWS CLI1.19.1122.4.6
Google Chrome54.0.2840.10096.0.4664.110
Docker17.09.020.10.11
Docker Compose1.14.01.29.2
Firefox47.0.195.0.1
GCP CLI174.0.0365.0.0
Go1.10.21.17.3
Gradle7.3.2
Heroku6.99.07.59.2
jq1.51.6
Leiningen2.7.12.9.8
Maven3.2.53.8.4
Node.js16.13.0
npm8.3.0
OpenJDK1.8.0_13111.0.13
Python2移行移行
Python33.4.33.9.7
Ruby2.3.13.0.2
SBT1.5.8
yq4.13.5

ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、 GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

サポートが必要ですか

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。

または、 サポートサイト から、サポート記事やコミュニティフォーラム、トレーニングリソースをご覧いただけます。