ドキュメント
circleci.com
Start Building for Free

CircleCI Scale プラン

1 month ago1 min read
クラウド
On This Page

このドキュメントでは、開発者の皆様にご利用いただいける Scale プランについてご案内します。

Scale プラン

Scale プランでは、お客様のチームやビジネスに合わせた拡張や幅広いカスタマイズが可能です。 Scale プランにはカスタムクレジットオプションがあり、 CircleCI のすべてのリソースクラスでお客様のビルド設定や実行環境に応じて 1ヶ月単位でご利用いただけます。 このプランでは CircleCI が提供する最大量のネットワークおよびストレージをご利用いただけます。

Scaleプランでは、Free プランや Performanceプランに加えて以下の様々な機能をご利用いただけます。

IP アドレスの範囲機能の利用

IP アドレスの範囲機能により、制限された環境へのアクセスを IP アドレスに基づいて設定することができます。 この機能を有効にしたジョブのトラフィックは、ジョブの実行の際は指定したいずれかの IP アドレスを使用するようになります (この IP アドレスの範囲機能は Performance プランでも Scale プランでも同じです)。

この機能に関する詳細は、 IP アドレスの範囲 のページをご覧ください。

すべてのリソースクラスの利用

Docker、 Linux、 Windows、および macOS 上ですべてのマシンサイズをご利用いただけます。 コンピューティングタイプや実行環境別の追加リソースクラスを使用すると、CPU およびメモリの上限を拡大することが可能です。

これらのリソースに関する詳細は、 Executors と イメージ のページをご覧ください。

同時実行数のカスタマイズ

同時に実行する必要があるジョブの数をカスタマイズすることができます。 このカスタマイズ機能はすべてのビルド設定および実行環境において利用できます。 詳細については 同時実行のページをご覧ください。

ユーザーシート数のカスタマイズ

必要に応じてアクティブユーザー数をカスタマイズすることが可能です。

無制限のセルフホストランナー数

使用可能なセルフホストランナー数に制限がないため、お客様のインフラストラクチャ上でより多くのジョブを実行することができます。詳細は下記のセルフホストランナーのページをご覧ください。 詳細は セルフホストランナー のページをご覧ください。

ストレージ保存期間のカスタマイズ

CircleCI Web アプリでは、アーティファクト、ワークスペース、キャッシュプロジェクトのストレージ保存期間のカスタマイズが可能です。 これにより、それぞれのオブジェクトタイプの保存方法をお客様のプロジェクトに最適な方法に設定することができます。 ストレージ保存期間を短くすると、月々のコストを下げることができます。

サポートオプションの追加

拡張版の SLA、アカウントチーム、トレーニングおよびオンボーディングオプションによるすべての追加サポートをサポートパッケージのアドオンにより拡張することが可能です。 Scale プランでは、 コミュニティフォーラム サポートポータル、および チケットベースのグローバルサポート もご利用いただけます。

CircleCI の機能

上記のアップグレード機能に加え、Scale プランでは下記の機能もご利用いただけます。 クレジット数、含まれるリソースクラス、主要機能、サポートについての詳細は 料金設定のページを参照してください。 CPU、メモリ、ネットワークとストレージ、および実行環境におけるコンピューティングタイプのクレジットの使用量の詳細については、 リソースクラスの機能 のページを参照してください。 以下の機能はすべてのプランでご利用いただけます。

プライベート Orb

CircleCI Orb は、共有可能な設定パッケージであり、組織全体で様々なチームが使用できるプライベートで標準化された設定を作成していだけます。 チームやグループ間で安全に共有できるプライベート Orb を、数に制限なくご利用いただけます。

プライベート Orb に関する詳細は、 Orbの概要 をご覧ください。

同時実行

同時実行は、ワークフローにおいて複数のテストを同時に実行できる機能です。 この強力な機能により、ビルド時間を削減し、フィードバックサイクルを短縮することができます。

セルフホストランナー

CircleCI ランナーにより、お客様のインフラを使用してジョブを実行できるため、お客様の環境をより詳細に制御することができ、さまざまなアーキテクチャでのビルドとテストを柔軟に行うことができます。

CircleCI ランナーの使用方法の詳細については、 CircleCI ランナーの概要 を参照してください。

結果の不安定なテストの検出

ワークフローの失敗による平均消費時間は約 30 分です。 不安定なテストを検出することで、ビルドやワークフローにかかる時間を大幅に短縮できます。 失敗したテストや不安定なテストのトラブルシューティングに役立つ高度なインサイトをご利用いただけます。

不安定なテストの詳細については、 テストインサイト を参照してください。

Docker レイヤーキャッシュ

ワークフローで常に Docker イメージを使用する開発者にとって、 Docker イメージのビルドにかかる時間の短縮は考慮すべき重要な要素です。 Docker イメージのビルドがお客様のCI/CD プロセスにおける日常作業である場合、Docker レイヤーキャッシュ(DLC) の使用をご検討ください。 DLC により、ジョブの実行に使用する実際のコンテナには影響を与えずにジョブ内で作成されるイメージレイヤーが保存されます。 Docker のパフォーマンスを活用して迅速にビルドできるよう効率化機能が設計されています。

Docker レイヤーキャッシュの詳細は、 Docker レイヤーキャッシュの有効化 を参照してください。


ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、 GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

サポートが必要ですか

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。

または、 サポートサイト から、サポート記事やコミュニティフォーラム、トレーニングリソースをご覧いただけます。