無料でビルドを開始
CircleCI.comアカデミーブログコミュニティサポート

Orb の管理

9 months ago1 min read
Server v4.1
サーバー管理者
このページの内容

ここでは Server v4.x. で Orb を管理する方法を説明します。 CircleCI Server システムには、固有のローカル Orb レジストリが含まれています。 設定ファイルで参照された Orb はすべて、この CircleCI Server Orb レジストリに含まれる Orb を参照します。 Orb のメンテナンスはご自身で行う必要があります。 具体的には、パブリックレジストリからの Orb のコピー、以前コピーした Orb の更新、会社のプライベート Orb の登録 (存在する場合) を行います。

Orb と 関連するユースケースについては、 Orb に関するドキュメント を参照してください。

Orb の作成に関する情報は、 Orb の作成概要 を参照してください。

Orb には、 CircleCI CLI からアクセスします。 Orb を使用するには、管理者である必要があります。 また、 パーソナル API トークン が必要です。

必ずユーザーアカウントが管理者になった 後で 生成されたパーソナル API トークンを使用してください。

--host オプションを使用してローカルリポジトリの場所を指定することで、パブリッククラウドの Orb ではなくローカルサーバーの Orb にアクセスできます。 例えば、サーバーの場所が http://circleci.somehostname.com である場合、 --host http://cirlceci.somehostname.com を渡すと、その Orb リポジトリに対してローカルで Orb コマンドを実行できます。

利用可能な Orb の一覧

利用可能なパブリック Orb のリストを表示するには、Orb ディレクトリにアクセスするか、以下のコマンドを実行します。

circleci orb list

(ローカルの CircleCI Server Orb リポジトリに登録された) 利用可能なプライベート Orb のリストを表示するには、次のコマンドを実行します。

circleci orb list --host <your-server-install-domain> --token <your-api-token>

パブリック Orb のインポート

パブリック Orb をローカルサーバーの Orb リポジトリにインポートするには、次のコマンドを実行します。

circleci admin import-orb <namespace><orb-name>@<orb-version> --host <your-server-installation-domain> --token <your-api-token>

パブリック Orb の更新のフェッチ

ローカルの CircleCI Server Orb リポジトリに存在するパブリック Orb を新しいバージョンに更新するには、以下のコマンドを実行します。

circleci admin import-orb <namespace><orb-name>@<orb-version> --host <your-server-installation-domain> --token <your-api-token>

プロキシ内での Orb の使用

Orb をインポートする際は、CLI が CircleCI Server や circleci.com と通信できる状態にある必要があります。 プロキシ内でサーバー環境を使用した状態で行う場合は、サーバーにリクエストをプロキシするのではなく、プロキシを使って circleci.com にリクエストを行うように CLI を設定する必要があります。 以下に例を示します。

export NO_PROXY=server.example.com
export HTTPS_PROXY=http://proxy.example.com:3128
export HTTP_PROXY=http://proxy.example.com:3128
circleci admin import-orb ns[orb[@version]] --host <your server installation domain> --token <your api token>

Suggest an edit to this page

Make a contribution
Learn how to contribute