無料でビルドを開始
CircleCI.comアカデミーブログコミュニティサポート

Firebase へのデプロイ

10 months ago1 min read
クラウド
Server v4.x
Server v3.x
このページの内容

このノウハウガイドでは、CircleCI を Firebase にデプロイするための設定方法について説明します。

はじめに

このページでは、Firebase にデプロイするための設定について説明します。 Firebase にデプロイするには、CircleCI で firebase-tools をグローバルにインストールしようとしてもできないため、firebase-tools をプロジェクトの devDependencies に追加する必要があります。

1. ツールのインストール

npm install --save-dev firebase-tools

2. CLI トークンの生成

以下のコマンドを使用して、Firebase CLI トークンを生成します。

firebase login:ci

3. プロジェクトの環境変数にトークンを追加

生成されたトークンを CircleCI プロジェクトの環境変数に $FIREBASE_DEPLOY_TOKEN として追加します。 シークレットのマスキング を活用するには、環境変数は プロジェクトレベル で、または コンテキスト 内で設定することをお勧めします。

デプロイの例

次の例は、Firebase ジョブとプロジェクトの .circleci/config.yml ファイルにデプロイを追加する方法を示します。 このスニペットは、アプリケーションをビルドするための build-job というジョブが既に存在することを前提としています。また、ビルドジョブが完了して、かつメインブランチにいる場合にのみデプロイジョブを実行するデプロイワークフローを紹介します。

  version: 2.1

  deploy-job:
    docker:
      - image: <docker-image-name-tag>
        auth:
          username: mydockerhub-user
          password: $DOCKERHUB_PASSWORD  # context / project UI env-var reference
    working_directory: /tmp/my-project
    steps:
      - run:
          name: Deploy Main to Firebase
          command: ./node_modules/.bin/firebase deploy --token=$FIREBASE_DEPLOY_TOKEN

workflows:
  deploy:
    jobs:
      - build-job
      - deploy-job:
          requires:
            - build-job
          filters:
            branches:
              only: main

Google Cloud Functions

Firebase で Google Cloud Functions を使用する場合は、以下の行を .circleci/config.yml に追加し、Google Cloud Functions が保存されているフォルダー (この場合は 'functions') に移動して、npm install を実行するように CircleCI に指示します。

    - run: cd functions && npm install

Suggest an edit to this page

Make a contribution
Learn how to contribute