ドキュメント
circleci.com
Start Building for Free

ブランチフィルターの使用

2 months ago1 min read
クラウド
Server v3.x
On This Page

ジョブのステップをいつ実行するかを制御するブランチのフィルタリング機能

ブランチのフィルタリング機能は、以前はワークフローでのみで使用可能でしたが、コンパイル時のロジックステートメントによりジョブのステップでも使用できるようになりました。

以下の例では、 パイプラインの値 pipeline.git.branch を使って when (いつ) ステップを実行するかを制御する方法を紹介します。 この例では、メインブランチにコミットされた場合のみ run: echo "I am on main" ステップを実行します。

version: 2.1

jobs:
  my-job:
    docker:
      - image: cimg/base:stable
        auth:
          username: mydockerhub-user
          password: $DOCKERHUB_PASSWORD  # context / project UI env-var reference
    steps:
      - checkout
      - when:
          condition:
            equal: [ main, << pipeline.git.branch >> ]
          steps:
            - run: echo "I am on main"

workflows:
  my-workflow:
    jobs:
      - my-job

ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、 GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

サポートが必要ですか

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。

または、 サポートサイト から、サポート記事やコミュニティフォーラム、トレーニングリソースをご覧いただけます。