ドキュメント
circleci.com
Start Building for Free

CircleCI セルフホストランナーの概要

1 month ago1 min read
クラウド
Server v3.x
On This Page

はじめに

CircleCI セルフホストランナーを使用すると、お客様のインフラストラクチャでジョブを実行できるようになります。 これにより、より幅広いアーキテクチャでビルドとテストができるようになり、環境をより細かく制御することもできるようになります。 下図は、CircleCI セルフホストランナーが既存のシステムをどのように拡張するのかを表しています。

CircleCI Self-hosted Runner Architecture
Figure 1. セルフホストランナーのアーキテクチャ

CircleCI ランナーのユースケース

CircleCI では、セルフホストランナーにより主に下記の 2 つのユースケースの実現を目指しています。

  • 特権アクセスと制御 - 環境の分離に関する要件が厳しい企業では、オンプレミス環境やアクセス制限されたインフラストラクチャでジョブを実行するよう義務付けられている場合があります。 ランナーを使用することで、次のようなことが可能になります。

    • IP 制限 - お客様による制御が可能な静的 IP アドレスを使用できます。

    • ID とアクセス管理 (IAM) 権限 - AWS にセットアップしたランナーに、IAM の権限を割り当てることができます。

    • オペレーティングシステムの監視

    • プライベートネットワークへの接続

  • 企業独自のコンピューティング要件 - CircleCI のリソース クラスとして提供されていない環境やアーキテクチャでジョブを実行する必要のあるお客様は、ランナーを使用してニーズを満たすことができます。

はじめよう

CircleCI セルフホストランナーの使用を開始するには、次の手順を実行します。

CircleCI セルフホストランナーの操作

CircleCI セルフホストランナーのインストール後、セルフホストランナーは circleci.com をポーリングして稼働し、ジョブを実行して、ステータス、ログ、アーティファクトを CircleCI に報告します。 新しいバージョンがリリースされると、セルフホストランナーはジョブを実行していないときに自動更新します。

制限事項

標準的な CircleCI 機能のほとんどすべてがセルフホストランナージョブで使用できますが、現時点では、まだいくつかサポートされていない機能があります。 それらの機能がセルフホストランナージョブの使用において重要な場合は、以下の該当するフィーチャーリクエストのページからお知らせください。

  • The following built in environment variables are not populated within runner executors:

    • CIRCLE_PREVIOUS_BUILD_NUM

    • All deprecated cloud environment variables

詳しくはこちら

CircleCI Academy の ランナーコース を受講すると、お客様のインフラストラクチャでのジョブの実行についてさらに詳しく学ぶことができます。


ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、 GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

サポートが必要ですか

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。

または、 サポートサイト から、サポート記事やコミュニティフォーラム、トレーニングリソースをご覧いただけます。