アジャイル開発について

この記事では、ソフトウェア開発、スクラム、およびアジャイル開発手法によって短縮できるソフトウェア開発の情報をわかりやすくご紹介します。

CircleCIなら、アジャイルソフトウェア開発に最適でかつ、品質の良い開発を無料で始められます。

CircleCIで開発

アジャイル開発とは?

アジャイル開発(英語:Agile Development) とは、ソフトウェアやシステム開発にて活用できる開発手法の一種であり、日本語では「アジャイルソフトウェア開発」とも呼ばれています。アジャイルは、より良いプロダクト・ソフトウェアを素早く、効率良く、小さなサイクルで機能単位毎に開発する点が特徴です。

Agile (アジャイル)は、英語で「quick:素早い」とゆう意味を表しています。現在ではビジネス用語として、とりわけデジタル・トランスフォーメーションの文脈で「ピラミッド型組織」での課題を「アジャイル型組織」で乗り越えるという文脈で使われていますが、もともとは、ソフトウェアやアプリ開発の方法に由来しているのです。

アジャイルとは?

アジャイルは元々2001年にアメリカ・ユタ州で17名の開発者たちが議論し、それぞれの方法論は異なっていても、文化論では一致する12の原則と定義を「アジャイルソフトウェア開発宣言:Manifesto for Agile Software Development」としてまとめたことから始まります。

プロセスやツールよりも個人と対話を、 包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、 契約交渉よりも顧客との協調を、 計画に従うことよりも変化への対応を、 価値とする。すなわち、左記のことがらに価値があることを 認めながらも、私たちは右記のことがらにより価値をおく。 アジャイルソフトウェア開発宣言

アジャイルとウォーターフォールの主な違い

アジャイル開発の前は、ウォーターフォールモデル(Waterfall model) が開発の世界で主に活用されていました。Waterfall(ウォータフォール)開発モデルは、事前に全ての機能計画を決め、そのプランに従って開発を進行させるモデルであり、現在でも幅広くソフトウェア開発に使用されているモデルです。

アジャイル(Agile)とウォータフォールの違いは、主にウォータフォール開発は、ヒヤリングや調査に基づいて決めた一連の機能を、あらかじめ設定した期日をターゲットに、比較的長期にわたり進めていくのに対して、アジャイルは、短期間でソフトウェア機能の実装とテスト、リリースを行い、フィードバックを元に次の機能の提供を繰り返して行います。

アジャイルとウォーターフォール

アジャイル開発のプロセスについて

普段アジャイル開発のプロセスでは、1週間から4週間のイテレーション(Iteration)期間で設定されます。この期間内で要求、開発、テストを行うのが一般的なイテレーションです。

Iteration(イテレーション)とは、日本語に訳すと「反復」という意味です。開発を1サイクルで行うのではなく、機能やユースケースといった小さい単位に分け、要求、開発、テストを1イテレーションとして、当該機能やユースケースのリリースまで繰り返し行う開発プロセスを示します。

以下のアジャイル開発プロセスステップでは、開発進行に役立つソフトウェア開発プロセスの進め方の例をご紹介しています。

1.リリース計画

  • 最初に開発チームを立ち上げ、反復期間内に開発する機能を計画します。また、各機能の優先順位、機能要求、開発規模、プロジェクトのゴールも最初に決めておく必要があります。

2.開発

  • 各機能のテストや設定、実装を開発プロセスで行います。

3.リリース

  • テストにパスしたソフトウェアの機能をリリースします。

機能リリース後には、機能向上の継続必要性の打ち合わせやプロジェクトゴールによってステップ1から3を繰り返しましょう。

ソフトウェア開発に役立つアジャイルの手法

アジャイルには多くの開発手法が存在しますが、このセクションでは、主に使われる代表的な3つの手法を説明していきます。

スクラム

スクラム(英語:Scrum)とは、ソリューション開発手法・フレームワークの1つです。スクラムはソフトウェア開発以外のチームにも適用できるのが最大の特徴であり、プロダクト・バックログやスプリントバックログを活用し、プロジェクトやプロダクト開発の状況の把握に役立つ手法として活用されます。

スクラムのメインの特徴とは、ソフトウェア価値の最大化とチーム内のコミュニケーションをデイリースプリント、リリースプランニング、ToDo タスクボードなどを活用して全体的のコミュニケーションを改善させるメリットなどが特徴です。

スクラムとは?

FDD (Feature Driven Development /ユーザー機能駆動開発)

FDD(Feature Driven Development)とは、Jeff De Luca氏が提案した一種のアジャイル開発手法です。モデル作成からスタートし、基本的に1−3日内で実装可能な機能に分割し、プランニング、設計、構築されます。また、FDDでの進捗状況の確認には、リスト化された機能をモニターし、オブジェクトモデル等はイテレーションによって更新されるのが代表的なFDDとなります。

テスト駆動開発(TDD)

テスト駆動開発(Test Driven Development)とは、エクストリーム・プログラミング(XP)の考案者で、前述のアジャイルソフトウェア開発宣言の起草者の一人でもあるKenn Beck(ケント ベック)氏にの『テスト駆動開発入門』で紹介された開発手法です。単体テスト(ユニットテスト)のテストスイートを事前に作成してから実装することで、実装が常にテストを満足することを保証することができます。TDDを活用することによって、実装仕様が明確になり、また、コードのリファクタリングの際に、新たなバグが混入する(デグレード)ことを防止することが可能になります。

エクストリーム・プログラミング (XP)

XP(エクストリーム プログラミング)とは、活用できる開発手法の一種であり、ユーザーのフィードバッグや要望をもとに、設計やテスト等を何度も繰り返す手法として知られています。

XPを活用する際に覚えておきたいポイントとは、この手法はユーザー目線を中心にソフトウェア機能価値を向上させることが主なゴールとなります。

その他のアジャイル手法

スクラムやFDD以外にもアジャイルソフトウェア開発には、KanbanやScrumBan、リーン・スタートアップ、繰り返し開発、継続的インテグレーション(CI) があります。

アジャイル開発のメリットとデメリット

アプリやソフトウェア開発に対してアジャイル開発の導入が企業で検討される理由には、開発時間の短縮のほかに、ビジネス変化の要求に伴う優先順位の変更に柔軟に対応できる、ソフトウェアチームの生産性や品質の向上等があります。

主なメリット

ユーザー側から見て、アジャイルソフトウェア開発の主なメリットとは、優先度の高い機能をすばやく提供することで、ユーザーの満足度を高め、また新たなユーザーのニーズをすぐに取り込むことで、アプリやソフトウェア機能の価値を最大限に向上できます。

開発側から見ると、ウォーターフォールと比較して、アジャイル開発は、機能の提供単位を小さく区切ることで、テストの際に不具合や問題が発生した場合でも修正の際に検証すべき範囲を小さくすることができます。さらに、実際には使われない機能の開発に時間をかけてしまうことを回避できます。その結果、コストと時間の短縮さえも実現させます。

主なデメリット

アジャイルでは、計画とリソース(人や時間の配分)が不一致である場合には、実効性のある開発プランにならず、全体にブレやトラブルが発生する可能性があります。このようなトラブルを防ぐためには、各開発プロジェクトにプロジェクトマネージャーを含め、機能の実装やテスト成功状況、およびテスト失敗時の修正時間などを常にトラッキングし、開発やテスト、修正へのリソースの割り当てを常に最適化することで、全体的の開発計画と進捗がコントロールしやすくなります。

CircleCIでソフトウェア開発

CircleCIをソフトウェアやアプリ開発に活用すれば、各開発コードに変更に対するフィードバックがより早まり、ビルドやテスト全体の自動化によってコードの品質を保ち、開発チーム全体の業務効率を実現させます。また、CircleCIのCIツールを採用すれば、コードにかかわる問題小さな単位で修正可能になり、修正に掛かるコストの削減さえも実現します。今すぐ無料で開発チーム全体の生産性の向上と品質の良いソフトウェア開発をスタートしましょう。