性能、柔軟性、制御性を兼ね備えた
CI ツール

CircleCI による開発プロセスの高速化で、より多様な構成も可能になります。


CircleCI を導入するメリット

VCS との連携

CircleCI を GitHub、GitHub Enterprise、Bitbucket と連携させると、コードがコミットされるたびに CircleCI でビルドを実施できるようになります。

テストの自動化

CircleCI はクリーンなコンテナまたは仮想マシンでビルドを自動実行するため、コミットごとにテストを行えます。

通知

ビルドが失敗すると通知が届くため、すぐに問題を修正できます。

デプロイの自動化

ビルドに成功した後は、さまざまな環境にデプロイされるので、リリースまでの時間を短縮できます。

パフォーマンスの向上

コードのビルド、テスト、デプロイには、スピードと信頼性が必要です。最高のパフォーマンスを得られるリソースをお選びください。

完全な制御

ワークフローによってジョブのオーケストレーションをカスタマイズし、最適な方法でソフトウェアをビルドできます。

卓越した柔軟性

ファーストクラスの Docker サポートを利用し、CircleCI クラウドまたは自社のインフラの中で、Linux、MacOS、Windows のジョブを実行できます。


貴社開発チームに必要なすべての機能を提供

ワークフローによるジョブの自律制御

ビルド、テスト、デプロイといったジョブの実行方法を定義して、オーケストレーションを行うことで、複数のサポート対象の構成を組み合わせた開発プロセスを完全に制御できます。ワークフローを使用してジョブ実行のスケジュールを指定する方法については、こちらをご覧ください。

Docker のフル サポート

Docker のパブリック レジストリやプライベート レジストリ、または他の一般的なレジストリに登録されているイメージをジョブ単位でカスタマイズして実行できます。Docker イメージのビルド、Docker レイヤー キャッシュへのアクセス、作成などが行えるほか、ビルド済みの CircleCI Docker イメージを使用することも可能です。

必要な CPU/RAM を自由に選択

チームの特定のパイプラインに合わせて、CPUリソースとメモリを簡単に構成できます。最適なパフォーマンスを発揮し、スピードを向上するリソースを選択できます。

詳しくはこちら

多言語サポート

C++、JavaScript、.NET、PHP、Python、Ruby など、Linux、Windows、macOS でビルドできるすべての言語がサポートされます。さらに、任意のツールチェーン、フレームワーク、バージョンを自由に使用できます。詳細については、言語ガイドおよびチュートリアルをご覧ください。

強力なキャッシュ

イメージ、ソース コード、依存関係、カスタム キャッシュといった多彩なキャッシュ オプションによってビルドを高速化できます。パフォーマンスを最適化するために、ジョブ全体にキャッシュの保存および復元ポイントを設定できます。

SSH またはローカルでのビルド実行による簡単なデバッグ

SSH アクセスを使用するか、ローカル環境でジョブを実行することで、問題をすばやく特定して修復できます。SSH によるデバッグについてはこちら、CircleCI CLI を使用したデバッグについてはこちらをご覧ください。

最高水準のセキュリティ

自社のコードを確実に保護するコントロール機能を利用できます。CircleCI クラウドまたは自社インフラでのホスティング、ユーザー管理のための LDAP、フルレベルの仮想マシン分離など、充実したコントロール機能を利用できます。

詳細はこちら

インサイト ダッシュボード

インサイト ダッシュボードで CircleCI の真価を体感してください。 ステータスを追跡し、実行時間を監視し、パイプラインを簡単に最適化できます。

インサイトの詳細をご確認ください


ビルド環境

CircleCI を使用した自由自在なビルド

Linux、macOS、Windows の Docker コンテナや VM など、包括的でカスタマイズ可能な CI/CD マシンフリートを使用でき、プロビジョニングのさまざまな課題を解消できます。さらに追加のコントロール強化や(取る)プラットフォームをサポートする場合、自社のインフラに独自の実行環境を作成できます。

ホスティング オプション

クラウドとオンプレミスから選択可能

CircleCI のクラウドでホスティングされるCI/CDサービスとセルフホストランナーを組み合わせて使用することも、自社のインフラに CircleCI サーバーをインストールするオプションを使用することもできます。

クラウド

  • クラウドでの CI/CD オーケストレーション

  • 柔軟性を向上し、追加のコントロール強化を可能にするために、セルフホストランナーを使用可能

  • フィーチャーリリースに迅速にアクセス可能

  • GitHub や Bitbucket による高速な認証


セルフホスティング

  • CircleCI を自社のインフラで稼働

  • メンテナンスとセキュリティをフルコントロール

  • システム管理者がフルにコントロールでき、フルカスタマイズが可能

  • 自社のメンテナンススケジュールに合わせた更新間隔


インテグレーション

ツールチェーンと接続

CircleCI は、GitHub、Bitbucket、fastlane、Azure、Slack など、お客様がご使用中のサービスと接続することができます。


Jenkins からの移行

CircleCI への移行は簡単

既に何千もの企業が Jenkins から CircleCI に移行しています。貴社もぜひご検討ください。


「CircleCIがビルドやデプロイなどのプロセスを安全かつ効率的に代行してくれるおかげで、我々はプロダクト開発に専念することができます。開発効率、プロダクトの品質を共に高めてくれるパートナーのような存在です。」

大槻友諒氏
Line | フロントエンドエンジニア

「CIはプロダクトを作るために欠かせないツールです。CircleCIは容易で導入でき、高い信頼性でチームの開発生産性を高めてくれました。テストやコード分析、ビルドなど様々な場面で利用しています。」

鈴木祥真氏
メルカリ | ソフトウェアエンジニア

close

Thank You for Submitting Your Info


You should receive an automated response notifying you that we received your info. Someone from our Enterprise team will be reaching out to you shortly.


CircleCI Success Logo