サポートされている言語ごとのガイド

Last updated
Tags クラウド Server v3.x Server v2.x

Code that builds on Linux or iOS will generally build on CircleCI. CircleCI では、さまざまな言語で複数のデモ アプリケーションを用意しているため、お使いの言語で記述されているアプリケーションの例を参考にしながら学習していただけます。 以下に挙げた各言語については、関連ガイドと GitHub のパブリック リポジトリを公開しています。 それぞれをフォークし、内容をご確認ください。

Language Guide Framework GitHub Repo Name
Python Flask sample-python-cfd
JavaScript Vue.js sample-javascript-cfd
Mono repo - Python backend and Node.js frontend Flask, Vue.js sample-monorepo-cfd

サポートされている言語

  • Clojure (v1.2.0 以降)
  • Elixir (v1.2 以降)
  • Go (v1.7 以降)
  • Java (Java 8 以降)
  • JavaScript (Node.js 4 以降)
  • PHP (PHP 5 以降)
  • Python (Python 2 以降)
  • React Native
  • Ruby on Rails (Ruby 2 以降)
  • Scala および sbt

C、C#、C++、Clojure、Elixir、Erlang、Go、Groovy、Haskell、Haxe、Java、JavaScript、Node.js、Perl、PHP、Python、Ruby、Rust、Scala、その他多数の言語でプロジェクトをビルドできます。

関連項目

最初のビルドを実行する手順については、「はじめに」を参照してください。



ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースで、GitHub で使用できます。 ご協力いただき、ありがとうございます。