Start Building for Free
CircleCI.comアカデミーブログコミュニティサポート

Hello World

1 month ago3 min read
クラウド
Server v4.x
Server v3.x
Server v2.x
このページの内容

ここでは、任意の実行環境を使って基本的なパイプラインの操作を始める方法を紹介します。 このページに記載されている手順は、新しいプロジェクトをローカルで作成し、変更内容をお使いの VCS に Git を使ってプッシュすることを前提としています。 また、CircleCI への ユーザー登録 がお済みであることも前提としています。

すでに CircleCI に "プラグイン" するリポジトリをお持ちの場合は、設定ファイルのコミットを含め、すべて CircleCI Web アプリ内で設定できます。 このフローについては、 クイックスタートガイド の概要を参照してください。

Echo hello world

この例では、hello world をコンソールに出力する hello-job というジョブを追加します。 まずは以下の手順を行います。

  1. ご使用のローカルコードリポジトリのルートディレクトリに、.circleci というディレクトリを作成します。

  2. 作成した .circleci ディレクトリから config.yml ファイルを作成し、次の内容を追加します (タブを使用して実行環境を選択)。

  3. 変更内容を VCS にコミットしてプッシュします。

  4. CircleCI Web アプリの Projects ページにアクセスし、新しいプロジェクトの隣にある Set Up Project ボタンをクリックします。 プロジェクトが見つからない場合は、Web アプリの画面左上で正しい組織が選択されているかどうかを確認してください。 詳細については、 組織の切り替え を参照してください。

  5. ポップアップの手順に従って、最初のパイプラインをトリガーするために、作成した config.yml ファイルを使用することを CircleCI に指示します。 hello-job までクリックし、echo "hello world" ステップを選択すると、`hello world がコンソール表示されます。

    ジョブステップ出力内に hello world が表示されたスクリーンショット

ヒント: No Config Found エラーが発生した場合、.yaml ファイル拡張子を使用している可能性が考えられます。 このエラーを解決するには、ファイル拡張子として .yml を使用してください。

Server v4.x での Echo hello world

この例では、hello world をコンソールに出力する hello-job というジョブを追加します。 まずは以下の手順を行います。

  1. ご使用のローカルコードリポジトリのルートディレクトリに、.circleci というディレクトリを作成します。

  2. 作成した .circleci ディレクトリから config.yml ファイルを作成し、次の内容を追加します (タブを使用して実行環境を選択)。

  3. 変更内容を VCS にコミットしてプッシュします。

  4. CircleCI Web アプリの Projects ページにアクセスし、新しいプロジェクトの隣にある Set Up Project ボタンをクリックします。 プロジェクトが見つからない場合は、Web アプリの画面左上で正しい組織が選択されているかどうかを確認してください。 詳細については、 組織の切り替え を参照してください。

  5. ポップアップの手順に従って、最初のパイプラインをトリガーするために、作成した config.yml ファイルを使用することを CircleCI に指示します。 hello-job までクリックし、echo "hello world" ステップを選択すると、`hello world がコンソール表示されます。

    ジョブステップ出力内に hello world が表示されたスクリーンショット

ヒント: No Config Found エラーが発生した場合、.yaml ファイル拡張子を使用している可能性が考えられます。 このエラーを解決するには、ファイル拡張子として .yml を使用してください。

Server v3.x での Echo hello world

この例では、hello world をコンソールに出力する hello-job というジョブを追加します。 まずは以下の手順を行います。

  1. ご使用のローカルコードリポジトリのルートディレクトリに、.circleci というディレクトリを作成します。

  2. 作成した .circleci ディレクトリから config.yml ファイルを作成し、次の内容を追加します (タブを使用して実行環境を選択)。

  3. 変更内容を VCS にコミットしてプッシュします。

  4. CircleCI Web アプリの Projects ページにアクセスし、新しいプロジェクトの隣にある Set Up Project ボタンをクリックします。 プロジェクトが見つからない場合は、Web アプリの画面左上で正しい組織が選択されているかどうかを確認してください。 詳細については、 組織の切り替え を参照してください。

  5. ポップアップの手順に従って、最初のパイプラインをトリガーするために、作成した config.yml ファイルを使用することを CircleCI に指示します。 hello-job までクリックし、echo "hello world" ステップを選択すると、`hello world がコンソール表示されます。

    ジョブステップ出力内に hello world が表示されたスクリーンショット

ヒント: No Config Found エラーが発生した場合、.yaml ファイル拡張子を使用している可能性が考えられます。 このエラーを解決するには、ファイル拡張子として .yml を使用してください。

Server v2.x での Echo hello world

この例では、hello world をコンソールに出力する hello-job というジョブを追加します。 まずは以下の手順を行います。

  1. ご使用のローカルコードリポジトリのルートディレクトリに、.circleci というディレクトリを作成します。

  2. 作成した .circleci ディレクトリから config.yml ファイルを作成し、次の内容を追加します (タブを使用して実行環境を選択)。

  3. 変更内容を VCS にコミットしてプッシュします。

  4. CircleCI Web アプリの Add Projects ページにアクセスし、Start Building ボタンをクリックします。 プロジェクトが見つからない場合は、Web アプリの画面左上で正しい組織が選択されているかどうかを確認してください。 詳細については、 組織の切り替え を参照してください。 クリックすると、ジョブとワークフローがアプリ内の関連ページに表示されます。

ヒント: No Config Found エラーが発生した場合、.yaml ファイル拡張子を使用している可能性が考えられます。 このエラーを解決するには、ファイル拡張子として .yml を使用してください。

次のステップ

  • CircleCI 固有のコンセプトのサマリーについては、 コンセプト のページを参照してください。

  • 同時実行、順次実行、スケジュール実行、手動承認の各ワークフローによるジョブ実行のオーケストレーションの例については、 ワークフロー に関するページを参照してください。

  • すべてのキーと実行環境の完全なリファレンス情報については、 CircleCI 設定のリファレンス に関するページでご確認いただけます。


ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、 GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

サポートが必要ですか

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。

または、 サポートサイト から、サポート記事やコミュニティフォーラム、トレーニングリソースをご覧いただけます。