Executor とイメージ

Last updated
Tags クラウド Server v2.x Server v3.x

CircleCIでは、複数の実行環境を用意しており、 これらを Executor と呼んでいます。 Executor は、ジョブを実行する基盤テクノロジーまたは環境を定義する機能です。 dockermachinemacos、または windows の Executor で実行するジョブをセットアップし、必要なツールとパッケージを含むイメージを指定します。

Executor の概要

Docker

jobs:
  build: # ジョブの名前
    docker: # Executor タイプ
      - image: buildpack-deps:trusty # プライマリ コンテナで Ubuntu Trusty を実行します

      steps:
        # プライマリ コンテナで実行するコマンド

docker Executor についての詳細は、「Executor タイプの選び方」のDocker を使用するのページをご覧ください。

マシン

Ubuntu 14.04 および 16.04 マシンイメージはすでにサポートが終了し、2022 年 5 月 31 日に提供を終了します。 この 2 つのイメージは、2022 年の 3 月 29 日と 4 月 26 日に、提供を一時的に中断します。 14.04 および 16.04 イメージからの移行をお願いいたします。

steps:
        # Linux 仮想マシン環境で実行するコマンド
jobs:
  build: # name of your job
    machine: true # executor type
    steps:
      # Commands run in a Linux virtual machine environment
jobs:
  build: # name of your job
    machine: true # executor type

    steps:
      # Commands run in a Linux virtual machine environment

machine Executor についての詳細は、「Executor タイプの選び方」のマシンを使用するのページをご覧ください。

macOS

jobs:
  build: # name of your job
    macos: # executor type
      xcode: 12.5.1

    steps:
      # Commands run in a macOS virtual machine environment
      # with Xcode 12.5.1 installed

macos Executor についての詳細は、「Executor タイプの選び方」の macOS を使用する のページをご覧ください。

Windows

Windows Executor を使用するための設定ファイルの構文は、以下のどちらを使用するのかによって異なります。

  • クラウド版の CircleCI でバージョン 2.1 の設定ファイルと Windows Orb を使用する場合。
  • オンプレミス版の CircleCI Server でバージョン 2.0 の設定ファイルを使用する場合。CircleCI Server v2.18.3 からサポートされた、Windows イメージと machine Executor を使用するシナリオが考えられます。
version: 2.1 # バージョン 2.1 を指定して Orb の使用を有効化します

orbs:
  win: circleci/windows@2.2.0 # Windows Orb には Windows Executor の使用に必要なすべてが揃っています

jobs:
  build: # name of your job
    executor: win/default # executor type

    steps:
      # Commands are run in a Windows virtual machine environment
      - checkout
      - run: Write-Host 'Hello, Windows'
version: 2.1

jobs:
  build: # name of your job
    machine: # executor type
      image: windows-default
    resource_class: windows.medium
    steps:
      # Commands are run in a Windows virtual machine environment
      - checkout
      - run: Write-Host 'Hello, Windows'
version: 2

jobs:
  build: # name of your job
    machine: # executor type
      image: windows-default
    resource_class: windows.medium
    steps:
      # Commands are run in a Windows virtual machine environment
      - checkout
      - run: Write-Host 'Hello, Windows'

windows Executor についての詳細は、「Executor タイプの選び方」の Windows Executor を使用するのページをご覧ください。 Windows Orb で使用できるオプションの一覧は Windows Orb の詳細ページでご確認ください。

関連項目

さらに詳しく

CircleCI Academy の ビルド環境コース を受講すると、Executor の選択と使用についてさらに詳しく学ぶことができます。



ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

サポートが必要ですか?

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。

または、サポートサイトから、サポート記事やコミュニティフォーラム、トレーニングリソースをご覧いただけます。