Hello World

ユーザー登録後、CircleCI 2.x で Linux、Android、Windows、macOS のプロジェクトの基本的なビルドを開始する方法について説明します。

Linux での Hello World

この例では、Node 用のビルド済み CircleCI Docker イメージを実行するコンテナをスピン アップする build というジョブを追加してから、 echo コマンドを実行します。 echo コマンドを実行します。 まずは以下の手順を行います。

  1. GitHub または Bitbucket のローカル コード リポジトリのルートに、.circleci というディレクトリを作成します。

  2. 以下の行を含む config.yml ファイルを作成します。
    version: 2.1
      jobs:
        build:
          docker: 
            - image: circleci/node:4.8.2 # ジョブのコマンドが実行されるプライマリ コンテナ
          steps:
            - checkout # プロジェクト ディレクトリ内のコードをチェック アウトします
            - run: echo "hello world" # `echo` コマンドを実行します
    
  3. 変更をコミットし、プッシュします。

  4. CircleCI アプリケーションの [Projects (プロジェクト)] ページで [Add Projects (プロジェクトの追加)] ボタンをクリックし、プロジェクトの横にある [Set Up Project (プロジェクトのセットアップ)] ボタンをクリックします。 プロジェクトが表示されない場合は、そのプロジェクトが関連付けられている組織を選択してあるかどうか確認してください。 これに関するヒントは「組織の切り替え」セクションで説明します。

  5. [Start Building (ビルドの開始)] ボタンをクリックすると、最初のビルドがトリガーされます。

[Workflows (ワークフロー)] ページに build ジョブが表示され、コンソールに Hello World と出力されます。

メモ: No Config Found エラーが発生した場合、.yaml ファイル拡張子を使用している可能性が考えられます。 このエラーを解決するには、ファイル拡張子として .yml を使用してください。

CircleCI は、各ジョブをそれぞれ独立したコンテナまたは VM で実行します。 つまり、ジョブが実行されるたびに、CircleCI がコンテナまたは VM をスピン アップし、そこでジョブを実行します。

サンプル プロジェクトについては、Node.js の JavaScript チュートリアルを参照してください。

Android での Hello World

Linux と Android の例と基本的に変わらず、macos Executor およびサポートされているバージョンの Xcode を使用するジョブを追加します。

jobs:
  build-android:
    docker:
      - image: circleci/android:api-25-alpha

詳細とサンプル プロジェクトについては、Android 言語ガイドを参照してください。

macOS での Hello World

The macOS executor is not currently available on self-hosted installations of CircleCI Server

Linux と Android の例と基本的に変わらず、macos Executor およびサポートされているバージョンの Xcode を使用するジョブを追加します。

jobs:
  build-macos:
    macos:
      xcode: 11.3.0

詳細とサンプル プロジェクトについては、「macOS での Hello World」を参照してください。

Windows での Hello World

ここにも Linux、Android、macOS の例における基礎を流用できます。 同じ .circleci/config.yml ファイルに orb: キーを追加して、win/vs2019 Executor (Windows Server 2019) を使用するジョブを追加します。 Notice the Cloud version of this requires the use of version:2.1 config, and orbs:

version: 2.1 # Use version 2.1 to enable orb usage.

orbs:
  win: circleci/windows@2.2.0 # The Windows orb give you everything you need to start using the Windows executor.

jobs:
  build: # name of your job
    executor:
      name: win/default # executor type
      size: "medium" # resource class, can be "medium", "large", "xlarge", "2xlarge", defaults to "medium" if not specified

    steps:
      # Commands are run in a Windows virtual machine environment
      - checkout
      - run: Write-Host 'Hello, Windows'
version: 2

jobs:
  build: # name of your job
    machine:
      image: windows-default # Windows machine image
    resource_class: windows.medium
    steps:
      # Commands are run in a Windows virtual machine environment
        - checkout
        - run: Write-Host 'Hello, Windows'

メモ: Windows ビルドでは、セットアップと前提条件が多少異なります。 詳しくは「Windows での Hello World」を参照してください。

Orb の使用とオーサリングの詳細

Orb は、構成を簡略化したりプロジェクト間で再利用したりできる、便利な構成パッケージです。 CircleCI Orb レジストリで参照できます。

プロジェクトのフォロー

プッシュする新しいプロジェクトを自動的にフォローすることで、メール通知が届き、プロジェクトがダッシュボードに追加されます。 それには、CircleCI アプリケーションの [Projects (プロジェクト)] ページで組織を選択し、[Add Projects (プロジェクトの追加)] ボタンをクリックし、フォローを開始または停止するプロジェクトの横にあるボタンをクリックします。

組織の切り替え

CirlceCI の画面左上に、組織を切り替えるメニューがあります。

SWITCH ORGANIZATION メニュー

SWITCH ORGANIZATION メニュー

表示したいプロジェクトが表示されておらず、現在 CircleCI 上でビルドしているものではない場合は、CircleCI アプリケーションの左上隅で組織を確認してください。 たとえば、左上にユーザー my-user と表示されているなら、my-user に属する GitHub プロジェクトのみが Add Projects の下に表示されます。 your-org/project の GitHub プロジェクトをビルドするには、CircleCI アプリケーションの [Switch Organization (組織の切り替え)] メニューで your-org を選択する必要があります。

次のステップ



ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースで、GitHub で使用できます。 ご協力いただき、ありがとうございます。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
CircleCICircleCI ドキュメントは、クリエイティブ・コモンズの表示--非営利-継承 4.0 国際ライセンス に基づいてライセンス供与されています。