ドキュメント
circleci.com
Start Building for Free

Arm 実行環境の使用

2 weeks ago1 min read
クラウド
Server v3.x
Server v2.x
On This Page

ここでは、CircleCI の Arm リソースを使う上で必要なセットアップ手順について説明します。 Arm リソースはクラウド版および Server 3.x.で利用可能です。

概要

CircleCI には、さまざまなジョブ実行環境があります。 CircleCI の config.yml ファイルで resource_class キーを指定することで、ジョブに合った実行環境を選ぶことができます。 Arm リソースは machine Executor の一部であり、次の 4 種類があります。

  • arm.medium - arm64 アーキテクチャ、2 vCPU、8GB RAM
  • arm.large - arm64 アーキテクチャ、4 vCPU、16GB RAM
  • arm.xlarge - arm64 アーキテクチャ, 8 vCPU, 32GB RAM
  • arm.2xlarge - arm64 アーキテクチャ, 16 vCPU, 64GB RAM

使用するイメージは、次のものから選択できます。

  • ubuntu-2004:current - 最新版。全てのユーザーに推奨
  • ubuntu-2004:2022.04.1
  • ubuntu-2004:202201-02
  • ubuntu-2004:202201-01
  • ubuntu-2004:202111-02
  • ubuntu-2004:202111-01
  • ubuntu-2004:202107-01
  • ubuntu-2004:202104-01
  • ubuntu-2004:202101-01
  • ubuntu-2004:202011-01 - 2021 年 2 月 21 日にサポート終了

いずれのリソース クラスも machine Executor リソースであり、占有の VM となります。この VM はジョブのみのために作成され、ジョブの実行が完了すると削除されます。

料金と提供プラン

以下の Arm リソース クラスは、すべての CircleCI ユーザーがご利用いただけます。

リソース クラス名スペック提供プラン
arm.medium2 vCPUs, 8GB RAM, 100 GB DiskFree, Performance, Scale
arm.large4 vCPUs, 16GB RAM, 100 GB DiskFree, Performance, Scale
arm.xlarge8 vCPUs, 32GB RAM, 100 GB DiskPerformance、Scale
arm.2xlarge16 vCPUs, 64GB RAM, 100 GB DiskScale

料金と提供プランの詳細については、 料金ページをご覧ください。

Arm リソースの使用方法

Arm リソースを使用するには、.circleci/config.yml ファイルを書き換える必要があります。 次の設定例を参考にしてください。

1 つの設定ファイル内、および 1 つのワークフロー内でも、複数のリソースを混在させることができます。

関連項目

  • 現在、実行ファイルが含まれる Orb の中には、Arm に対応していないものがあります。 Orb の使用中に Arm 関連の問題が発生した場合は、 こちらから問題を報告してください
  • 現時点では、32 ビット版の Arm アーキテクチャはサポートされていません。 サポート対象は 64 ビット版の arm64 アーキテクチャのみです。
  • ジョブの実行が始まるまでに、最大 2 分のスピンアップ時間がかかることがあります。 この時間は、Arm リソースを利用するユーザーが増えるにつれ短縮されます。
  • イメージに含まれていないソフトウェアが必要な場合は、 こちらからお知らせください
  • Server 3.xでは、VMサービスにEC2プロバイダ を使用している場合のみ、Armリソースを利用できます。 これは、GCP には Arm インスタンスが用意されていないためです。

M1 Mac のサポート

M1 Mac でビルドした Docker イメージは、デフォルトでは CircleCI の標準のプラットフォームとの互換性がありません。 “環境のスピンアップ” ジョブにはグリーン表示されますが、以下のメッセージが表示されます。

WARNING: docker image ghcr.io/{your_username}/runner-test:latest targets wrong architecture (found arm64 but need [amd64 i386 386])

M1 でイメージをビルドする場合、デフォルトでは arm64 でビルドされるため、 docker build --platform linux/amd64 と指定する必要があります。

詳しく見る

CircleCI Academy の Armコースを受講すると、Armリソースの使用方法や関連するユースケースについてさらに詳しく学ぶことができます。


ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、 GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

サポートが必要ですか

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。

または、 サポートサイト から、サポート記事やコミュニティフォーラム、トレーニングリソースをご覧いただけます。