ドキュメント
circleci.com
Start Building for Free

CircleCI での Node.js アプリケーションの設定

3 weeks ago1 min read
Cloud
Server v3.x
Server v2.x
On This Page

Node.JS Logo

Setup your Node.JS App

Learn to build, test, and deploy your Node.JS app.

Completion Time 15 min task

OR

Explore Logo

Explore a sample app

Check out a Node.JS sample app running on CircleCI.

Completion Time 10 min task

概要

このドキュメントは、Node.JS プロジェクトと CircleCI を連携させるためのクイックスタートガイドです。 このガイドでは、Node. JS プロジェクトをビルド、テスト、デプロイするための基礎的な CircleCI 設定ファイルを作成する方法を紹介します。 このクイックスタートの完了後、お客様のプロジェクトの要件に合うように設定ファイルを編集および最適化することができます。

前提条件

  • CircleCI アカウント
  • 対応する VCS (現在は、Github または Bitbucket) に置かれた Node. JS プロジェクト

このガイドに従う際に Node.JS プロジェクトがないお客様は、弊社のサンプルプロジェクトをご利用いただけます。サンプルプロジェクトは、 GitHub でホスト、または CircleCI でビルドされています。 このガイドに沿って、 リポジトリをフォークし、 設定ファイルを記述してみることをお勧めします。

設定ファイルの詳細

すべての CircleCI プロジェクトには、 .circleci/config.yml という設定ファイルが必要です。 以下の手順に従って、完全な config.yml ファイルを作成してください。

1. バージョンの指定

すべての CircleCI config.yml は、最初にバージョンキーを指定します。 このキーは、互換性を損なう変更に関する警告を表示するために使用します。

version: 2.1

2.1 は、CircleCI の最新のバージョンであり、CircleCI のすべての最新機能と改善事項の利用が可能です。

2. Node Orb の使用

Node.js Orbには、Node.js とパッケージマネージャー (npm、yarn) を簡単にインストールできるパッケージ化された CircleCI 設定セットが含まれています。 パッケージはデフォルトでキャッシュ付きでインストールされ、 Linux x86_64、macOS x86_64、および Arm64 のサポートが自動的に含まれます。 Orb に関する詳細は、 こちらをご覧ください。

設定にこの Orb を追加するには、下記を挿入します。

orbs:
  node: circleci/node@5.0.2

: Orb を使用する際は、 Orb レジストリをチェックして、最新バージョン、またはお客様のプロジェクトに最も合ったバージョンを使用しているかを確認することをお勧めします。

3. ジョブの作成

ジョブは設定の構成要素です。 また、必要に応じてコマンド / スクリプトを実行するステップの集まりです。 ジョブ内のステップは、すべて 1 単位として新しいコンテナまたは仮想マシン内で実行されます。 ジョブに関する詳細は、 ジョブとステップのページを参照してください。

CircleCI を使い始めた開発者からよくいただく質問は、ビルド、テスト、デプロイの 3 つの基本タスクの実行に関してです。 このセクションでは必要な設定の各変更について説明します。 CircleCI では、公式の Node Orb を使用しているため、Orb に組み込まれているコマンドを使って設定をシンプルかつ簡潔にすることができます。

a. アプリのビルドとテスト

yarn を使用している場合は:

jobs:
  build_and_test: # this can be any name you choose
    executor: node/default # use the default executor defined within the orb
    steps:
      - checkout
      - node/install-packages:
          pkg-manager: yarn
      - run:
          command: yarn test
          name: Run tests
      - run:
          command: yarn build
          name: Build app
      - persist_to_workspace:
          root: ~/project
          paths: .

npm を使用している場合は:

jobs:
  build_and_test: # this can be any name you choose
    executor: node/default # use the default executor defined within the orb
    steps:
      - checkout
      - node/install-packages:
          pkg-manager: npm
      - run:
          command: npm run test
          name: Run tests
      - run:
          command: npm run build
          name: Build app
      - persist_to_workspace:
          root: ~/project
          paths:
            - .

このジョブでは Node Orb を使用しているため、自動キャッシュとベストプラクティスを適用した Node パッケージをインストールします。 これにはロックファイルが必要です。

b. アプリのデプロイ

このクイックスタートガイドでは、 Heroku をデプロイします。 これは公式の Heroku Orb を使って、Orb のセクションに新しい文字列を加えることによって実行できます。 Heroku Orb には、アプリケーションを Heroku にデプロイするために使用できる事前にパッケージ化された CircleCI 設定セットが含まれています。 Heroku Orb に関する詳細は、 こちらを参照して下さい。

orbs:
  node: circleci/node@4.7.0
  heroku: circleci/heroku@1.2.6

次に、デプロイステップを実行するために、リストにジョブを追加する必要があります。

jobs:
  # ...以前のジョブ...
  deploy: # 任意の名前をお選びください。
    executor: heroku/default
    steps:
      - attach_workspace:
          at: ~/project
      - heroku/deploy-via-git:
          force: true # force push when pushing to the heroku remote, see: https://devcenter.heroku.com/articles/git

注: HEROKU_API_KEYHEROKU_APP_NAME などの必要なシークレットを含む環境変数が CircleCI の UI にセットアップされる可能性があります。 環境変数に関する詳細は、 こちらを参照して下さい。

3. ワークフローの作成

ワークフローは、一連のジョブとその実行順序を定義するためのルールです。 ワークフローを使用すると、設定キーを組み合わせて複雑なジョブ オーケストレーションを構成でき、問題の早期解決に役立ちます。 ワークフロー内で実行したいジョブを定義します、 このワークフローはコミットのたびに実行されます。 詳細については、 ワークフローの設定を参照して下さい。

workflows:
  build_test_deploy: # this can be any name you choose

4. ワークフローへのジョブの追加

完成したワークフロー、build_test_deploy を使用して build_and_test ジョブと deploy ジョブの実行をオーケストレーションします。 同時実行、順次実行、および手動承認ワークフローを使ったジョブのオーケストレーションの詳細については、 ワークフローを使ったジョブのスケジュール実行を参照してください。

workflows:
  build_test_deploy: # 任意の名前をお選びください。
    jobs:
      - build_and_test
      - deploy:
          requires:
            - build_and_test # build_and_test ジョブが完了している場合のみデプロイします。
          filters:
            branches:
              only: main #  main にある場合のみデプロイします。

5. まとめ

CircleCI 上にビルドする Node.js アプリケーションを設定しました。 CircleCI でビルドを行うとどのように表示されるかについては、プロジェクトの パイプラインのページを参照してください。

設定ファイルの全文

version: 2.1
orbs:
  node: circleci/node@5.0.2
  heroku: circleci/heroku@1.2.6

jobs:
  build_and_test:
    executor: node/default
    steps:
      - checkout
      - node/install-packages:
          pkg-manager: yarn
      - run:
          command: yarn test
          name: Run tests
      - run:
          command: yarn build
          name: Build app
      - persist_to_workspace:
          root: ~/project
          paths:
            - .

  deploy: # this can be any name you choose
    executor: heroku/default
    steps:
      - attach_workspace:
          at: ~/project
      - heroku/deploy-via-git:
          force: true # force push when pushing to the heroku remote, see: https://devcenter.heroku.com/articles/git

workflows:
  test_my_app:
    jobs:
      - build_and_test
      - deploy:
          requires:
            - build_and_test # only deploy if the build_and_test job has completed
          filters:
            branches:
              only: main # only deploy when on main

関連項目


ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、 GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

サポートが必要ですか

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。

または、 サポートサイト から、サポート記事やコミュニティフォーラム、トレーニングリソースをご覧いただけます。