2021 年 4 月の CircleCI
最新情報

ダイナミックコンフィグ、インサイトの更新、開発者向けの新しいトレーニング

CircleCI の最新情報

ダイナミックコンフィグでビルドプロセスをさらに管理しやすく

セットアップワークフローやパスフィルタリング Orb などのダイナミックコンフィグツールを使用して、コンフィグを生成したり、パイプラインパラメーターを定義したりできるようになりました。コンフィグファイルの一部のサブセットを CircleCI で実行するセットアップワークフローが実装されました。チュートリアルを参照して、この新機能を使用してください。

CircleCI のお知らせを読む

パフォーマンスの詳細を表示する新しいインサイトのランディングページ

インサイトのページには新たに、プロジェクトレベルで集計されたパフォーマンスも表示されます。このページのリンクをクリックして、新しいプロジェクトの詳細ページに移動できます。移動先のページでは、各プロジェクトの使用状況や成功のメトリクスを確認でき、複数ブランチでフィルタリングする機能を使用できます。

また、インサイトの新しいドキュメントとして、メトリクスの用語集、データパートナーシップの詳細、インサイト API の説明が作成されました。新しいドキュメント『テストインサイトの使用』は、パフォーマンスサマリーを把握したり、最も多く失敗したテストのトップ10 と、実行に最も時間を要したテストのトップ 10 を確認したりする場合に役立ちます。CircleCI のドキュメントにアクセスして、左側のメニューから [Insights] を選択すると、すべてのインサイトのリソースドキュメントにアクセスできます。

テストインサイトを使ってみる

次世代の Android と PostgreSQL のコンビニエンスイメージのプレビュー版

次世代の Android と PostgreSQL のコンビニエンスイメージのプレビュー版を利用できます。新しい Android Docker イメージは、Java 11 と現在も広く使用されている古い Java 8 の両方に対応しています。さらに、新しい PostgreSQL イメージは、CircleCI の次世代アーキテクチャでビルドされています。これらの両方のイメージでは、スケーリングの改善、キャッシングの効率化、信頼性の向上が図られており、ビルド時間の短縮が可能になります。

DISCUSS の記事を読む

See the latest features on our changelog.

CircleCI Academy の Arm とインサイトのトレーニングのご紹介

Arm ベースのコンピュートノードを CircleCI プラットフォームで使用できるようになりました。こちらの Arm の基本トレーニングレッスンを CircleCI Academy で確認してください。Arm のリソースのウォークスルー、使用事例、CircleCI で Arm を使用する方法などを紹介しています。

また、インサイトに関する新しいレッスンも追加されました。 このレッスンでは、インサイトダッシュボードを使用して、CircleCI パイプラインのステータスを追跡し、実行時間を監視し、最適化する方法を説明しています。

CircleCI を使い始めたばかりの方は、初級レベルのコースである General Developer Training(一般開発者向けトレーニング)を受講して、基本的な知識を習得してください。

すべてのトレーニングを確認する

今後開催予定のウェビナーにご参加ください

ソフトウェアでビジネスを変える~貢献するなら知っておくべきCI/CD~
5 月 13日 14:00 - 今すぐ登録

CircleCI コミュニティミートアップ~テスト・新機能LT大会編~
5 月 20日 18:30 - 今すぐ登録

今後開催予定のすべてのイベントは、 こちらを参照してください。

募集中の職種について

CircleCI が成長するために、そして CircleCI のユーザーをサポートするために、CircleCI の社員一人ひとりが極めて重要な役割を果たしています。CircleCI の一員として一緒に働きませんか?CircleCI では現在、エンジニアリング、プロダクトマネジメントなどの職種で人材を募集しています。

DevOps カスタマーエンジニア (東京)
【未経験者大歓迎!】サポートエンジニア(日本&APAC)(東京)
ソフトウェアエンジニア、管理ツール担当(日本、リモート勤務) アカウントエグゼクティブ(APAC)(東京)\

その他の募集職種もご確認ください。 すべての募集職種を見る.

フィードバックを共有してください

CircleCI のリサーチパネルに参加し、新しい機能とアイデアを評価いただき、CircleCI が皆様のジョブをこれまで以上に迅速かつ容易に処理できるようにご協力ください。このリサーチパネルは、いつでもオプトイン、オプトアウトできます。CircleCI ではいつでもユーザーからのフィードバックを歓迎しています。

リサーチパネルの詳細

Orb による CI/CD パイプラインの拡張

サードパーティのツールを使用した簡単なインテグレーション

4 月に公開された 2 つの新しいパートナー Orb をチェックして、パイプラインの監視とテストを効率化する方法を学びましょう。

k6
StackPulse

アプリ内のコンフィグレーションエディターを使用してコードをさらに迅速にリリースする

自動検証、エラーチェック、自動入力候補などの機能を実装したコンフィグュレーションエディターを使用して、簡単にコンフィグレーションを編集する方法を紹介します。また、CircleCI の構文や概念についても詳しく説明します。

ガイドを読む

製品ニュースレターアーカイブ

発表された新機能のハイライト、過去のイベントの詳細などについては、以前のニュースレターをご覧ください。

詳しくはこちら

自社のチームのDevOpsのストーリーを共有してください

DevOpsについて独自の取り組みを進めていませんか? CircleCIを使用してエンジニアリング処理能力のメトリクスをどのように改善していますか?

ぜひお聞かせください。

close

Thank You for Submitting Your Info


You should receive an automated response notifying you that we received your info. Someone from our Enterprise team will be reaching out to you shortly.


CircleCI Success Logo