ビルド環境

Windows 向け仮想マシン

CircleCI は、Windows Server 2019 と関連ツール (.NET サポート、Visual Studio、Windows SDK、Docker for Windows、クロスプラットフォームのワークスペース、キャッシュ) をサポートしています。

スピードと柔軟性を重視した CI/CD

生産性を考慮した設計

CircleCI のプラットフォームは、機能が豊富に揃っており、効率性を重視して設計されています。Orbs やアーティファクト、承認ジョブ、API、ワークフロー、制約付きコンテキストなど、CircleCI のすべての機能をぜひご利用ください。

強力なビルド オーケストレーション

CircleCI では幅広いリソース クラスが用意されており、コンピューティングのレベルをカスタマイズできます。キャッシュとカスタム可能なワークフローを活用することで、AppVeyor や Azure Pipelines に比べてビルド時間が 48% も短縮します。

クラウドとオンプレミスのサポート

CircleCI のクラウド版では、新機能をリリースと同時に利用でき、自動更新も適用されます。また、オンプレミス版では、セキュリティやメンテナンスをお客様側で完全に制御できます。

主なお客様
Gatsby
PyTorch

クラウドまたはオンプレミスで Windows プロジェクトを運用

自動でプロビジョニングされる仮想マシンの Windows 環境をカスタマイズしましょう。

  • 事前設定済みのクラウド用構成によって簡単にセットアップ
  • 設定ファイル内で PowerShell、Bash、コマンド プロンプトを使用して Windows のジョブを実行
  • Windows Server 2019 などの構築済みイメージを活用
        
          version: 2.1 # v2.1 を指定して Orb の使用を有効化します

# Windows Orb には Windows Executor の
# 利用に必要なものがすべて揃っています
orbs:
win: circleci/windows@2.2.0

jobs:
build: # ジョブの名前
executor: win/default # Executor タイプ

steps:
# コマンドは Windows 仮想マシン
# 環境で実行されます
- checkout
- run: Write-Host 'Hello, Windows'

        
      
  • CircleCI が提供するリポジトリとオートメーションを活用して、カスタムの Windows Server 2019 イメージを独自に構築
  • 設定ファイル内で PowerShell、Bash、コマンド プロンプトを使用して Windows のジョブを実行
  • 完全なシステム管理者権限で自由にカスタマイズ
        
          version: 2

jobs:
build: # ジョブの名前
machine:
# Windows マシンのイメージ
image: windows-default
resource_class: windows.medium
steps:
# コマンドは Windows 仮想マシン
# 環境で実行されます
- checkout
- run: Write-Host 'Hello, Windows'

        
      
close

Thank You for Submitting Your Info


You should receive an automated response notifying you that we received your info. Someone from our Enterprise team will be reaching out to you shortly.


CircleCI Success Logo