Jenkins から CircleCI への移行

何千もの企業が Jenkins から CircleCI に移行しています。ぜひご検討ください。

  • テストとデプロイを自動化
  • 失敗したビルドに SSH 接続して簡単にデバッグ
  • Orbs を利用して既存のサードパーティ製品との連携をそのまま移行
  • 構成を再利用して複数プロジェクトを簡単に管理
  • ワークフローでジョブをオーケストレーション
  • オンプレミスまたはプライベート クラウドで CircleCI をホスティング

カスタムの移行計画作成のお申し込み

中には Jenkins から簡単に移行できないケースもあります。お客様に合わせたニーズ分析をご希望の場合は、こちらからお申し込みください。CircleCI のクラウド ホスティング版の無料トライアルもご利用ください。

すべて必須項目です。

このフォームを送信することで、当社の利用規約およびプライバシー ポリシーに同意したものと見なされます。

開発者の生産性を向上

Jenkins では、依存関係のインストールや問題のトラブルシューティングにすぐに対応するエンジニア チームの体制が必要になることが多々あります。CircleCI なら、その心配はありません。すべてのビルドはクリーンな環境で開始され、ビルドに SSH 接続することで開発者自らデバッグすることが可能です。

プロジェクト間の一貫性を確保

CI 構成を他のソース コードと同様に扱えるため、管理と共有が容易になります。CircleCI 内に保存した環境変数はすべて暗号化され、SSH でビルド コンテナに送信されます。

運用のオーバーヘッドを軽減

Jenkins でのほとんどの操作にはプラグインが必要で、プラグインがないと Git リポジトリのチェックアウトもできません。CircleCI は、GitHub や Bitbucket との業界最高レベルの連携機能をはじめ、主要な CI 機能がすべて組み込まれているため、プラグインの管理やインストールの手間を省くことができます。

アカウントやアクセス許可を容易に管理

複数の管理ツールやプラットフォームをまたいでユーザー権限を管理する必要はなく、VCS 上ですべてのことに対応できます。これにより、重複した作業が減り、組織全体のリスクを軽減できます。

Baron Schwartz
「Jenkins systems always end up being magical special snowflake servers that only a few people have the knowledge or willingness to deal with… it causes tremendous loss of productivity for the entire team.」

Baron Schwartz
VividCortex、Founder and CEO

「With CircleCI, we have probably saved $75-300K in maintenance on Jenkins. We've also had fewer headaches and shipping is easy.」

Seth Ringling
Avvo、Developer

CircleCI と Jenkins の比較

セットアップ

CircleCI
  • UI から直接 VCS 認証
  • リポジトリをプロジェクトとしてインポート*
  • すべての機能について、宣言型の YAML 形式の構成を 1 つの config.yml ファイルで定義
  • 再利用可能なコード スニペットにより、複数プロジェクトのセットアップとメンテナンスが容易
Jenkins
  • CI マシンに Jenkins をインストールし、VCS 連携、UI 利用、その他の機能追加のためにプラグインが必要
  • さまざまな機能でプラグインのトラブルシューティングが発生
  • 構文やベストプラクティスの異なるプラグインの機能をいくつも併用
* CircleCI は、既存のファイアウォールの内側にあるオンプレミス マシンにインストールすることも可能

メンテナンス

CircleCI
  • 設定不要のソリューションによって、サードパーティ製品との連携のセットアップと維持が簡単
  • 新機能をリリース直後から利用可能
Jenkins
  • メンテナンス対象のマシンや個々のプラグインは、リリース サイクルがばらばらでサポートも異なる

パフォーマンス

CircleCI
  • 複雑なジョブには CPU と RAM の割り当てを増加
  • 依存関係のキャッシュ、Docker レイヤーなどを利用してビルド時間を短縮
  • 個々の機能によってパフォーマンスは低下しない
  • 失敗したビルドに SSH 接続してすばやくデバッグ
Jenkins
  • プラグインの効率性に依存
  • パフォーマンス向上には、手動でのプラグイン調整やマシンのアップグレードが必要

権限

CircleCI
  • VCS の認証情報でユーザーを追加
  • VCS の権限を自動的に適用
Jenkins
  • デフォルトですべてのユーザーにフル アクセス権を付与
  • 権限の設定は手動

セキュリティ

CircleCI
  • アプリケーション レベルでセキュリティとランタイムを分離
  • 追加のセキュリティ層によってソース コード、環境変数、出力を保護
  • SOC II と FedRAMP の認証を取得
Jenkins
  • 単一のセキュリティ層によって CI 環境を保護
  • 追加のセキュリティは手動で作成
  • OSS プラグインごとにセキュリティ レベルが異なる
close

Thank You for Submitting Your Info


You should receive an automated response notifying you that we received your info. Someone from our Enterprise team will be reaching out to you shortly.


CircleCI Success Logo