セルフホストランナー

自社独自の CI/CD のニーズに合わせてコンピュートオプションを拡張できます。

セルフホストランナーを利用する理由:

特権アクセスとコントロール

ジョブ環境をより詳細なコントロールできます:

  • プライベートネットワークへの接続
  • オペレーティングシステムの監視
  • 固定 IP を使用した制限
  • IAM 権限

独自のプラットフォームサポート

場所を問わずにソフトウェアをビルドできるようになります。ランナーは以下をサポートします。

  • 組み込みシステム
  • カスタムコンピュートタイプ
  • プリインストールされたライセンスソフトウェア

CircleCI がクラウドでホスティングするコンピュートを使用して、セルフホストランナーを使用

メンテナンスオーバーヘッドを排除し、エンジニアリングにかかる労力を節約します。

利用可能なすべての実行環境をご覧ください ▸

セルフホストランナーの仕組み

ステップ 1 ランナーソフトウェアは、お使いのマシンにインストールされます。
ステップ 2 ランナーは CircleCI をポーリングして、ジョブの状況を確認します。
ステップ 3 ステータスと出力が CircleCI に報告され UI に表示されます。

すべてを自社のインフラで賄う必要がありますか?

オンプレミス CircleCI の優れた能力をご紹介します。

サーバーについて CircleCI にご相談ください
close

Thank You for Submitting Your Info


You should receive an automated response notifying you that we received your info. Someone from our Enterprise team will be reaching out to you shortly.


CircleCI Success Logo